ロボット支援子宮全摘術

診療科 女性診療科
英語術式名 RATLH(Robot-Assisted Total Laparoscopic Hysterectomy)
保険適用
適応 子宮良性腫瘍(子宮筋腫、子宮腺筋症)

術式の概要

ここで掲載している動画は、実際の手術映像となります。このような動画や写真で、気分が悪くなる可能性のある方は、お気をつけください。
広間膜前葉を切開し、前方から後腹膜腔を展開し、子宮動脈および尿管を同定分離し、子宮動脈を凝固切断します。卵管、円靭帯および卵巣固有靭帯を凝固切断し、膀胱を腟壁から剥離、尾側へ圧排します。子宮傍結合織を凝固切断した後、腟円蓋部を全周性に切開して子宮を切離、摘出子宮を経腟的に回収します。止血を確認した後、腟断端を単結節縫合により閉鎖し、骨盤腹膜を連続縫合します。ダビンチ・サージカルシステムにより、腟断端の縫合操作は比較的簡単に行うことが可能です。止血を確認した後、ドレーンを留置して手術を終了します。
  • 尿管、子宮動脈の同定・分離、子宮動脈の結紮・切断
  • 上部靭帯の切断
  • 膀胱の剥離
  • 基靭帯の切断
  • 腟壁の切開
  • 摘出子宮の経腟回収
  • 腟断端、骨盤腹膜の縫合

 


 

長所・患者のメリット

ロボット支援下腹腔鏡手術では、従来の腹腔鏡手術に比して、3次元画像および手術用鉗子の可動域拡大と操作性向上により、精密な手術操作が可能となり、丁寧かつ確実な手術を行うことが出来ます。したがって、術中出血量が少なく、術後早期な回復が期待出来ます。さらに、腹腔内の強固な癒着により、従来の腹腔鏡下手術が困難であった症例でも、ロボット支援下腹腔鏡手術が可能となる場合があります。

女性診療科の特徴

月経困難症を有する子宮内膜症症例に対してもRATLHを適用しています。

実績

令和2年4月末までの実績:45件