ロボット支援腎盂形成術

診療科 泌尿器科
英語術式名 RALP(Robot-assisted laparoscopic pyeloplasty)
保険適用
適応 腎盂尿管移行部狭窄症

原因

  1. 内因性狭窄
    • 腎盂尿管移行部の内腔の狭窄
    • 乳児先天性水腎症に多い
  2. 腎盂尿管移行部付着異常(High insertion)
    • 発生異常
    • 腎盂尿管移行部が高位となり、尿流抵抗が増大
  3. 外因性狭窄
    • 異常血管によるもの
    • 小児期に多い
図1 腎盂尿管移行部狭窄症の原因(Campbell-Walsh Urologyより引用)

 


 

術式の概要

側臥位にてダビンチをドッキングし、ロボット手術開始(図2)
手術時の体位(左側の場合)
図2 手術時の体位(左側の場合)
ここで掲載している動画は、実際の手術映像となります。このような動画や写真で、気分が悪くなる可能性のある方は、お気をつけください。
  1. 腹腔内を観察して、腎盂尿管を露出
  2. 狭窄している尿管や圧排している血管などを把握
  3. 腎臓を栄養している血管は可能な限り温存し、尿管を切除し、余剰な腎盂粘膜は摘除する
  4. 尿管ステントを留置して、腎盂と尿管を縫合する(図3)【動画】
  5. 閉創

手術の流れ 図3 手術の流れ(Campbell-Walsh Urologyより引用)

 


 

長所・患者のメリット

自由度の高い手術用鉗子や3次元画像により,繊細で安全な手術操作が可能。
術中出血量減少、阻血時間の短縮,術後早期回復が期待できる。

実績

令和2年4月末までの実績:13件