内分泌代謝内科 概要

第一内科診療科群の内分泌代謝内科について
内分泌代謝内科(第一内科診療科群)
  •   0859-38-6512
  •   0859-38-6519

 

診療内容

対象疾患

糖尿病 (1型、2型、二次性、妊娠糖尿病)

内分泌代謝疾患 (甲状腺、副甲状腺、副腎、視床下部・下垂体、電解質異常等)

当科の方針

背景

内分泌代謝疾患を有する患者さんがこの地域で安心して生活していただけるよう、最新のエビデンスに基づく診療を心がけています。
インスリンポンプ療法、持続血糖測定モニタリングシステム、超音波エラストグラフィーなどの最先端の医療機器を積極的に導入しています。

また当院の他科治療中の患者さんに対する糖尿病の診療支援、糖尿病医療支援チームによる多職種連携を通じて患者さんの診療が円滑に進むようサポートしています。

  • 主な治療
    • 糖尿病教育入院(一週間・二週間パス)
    • 1型糖尿病に対するインスリンポンプ療法
    • バセドウ病に対する放射性ヨード内用療法(放射線治療科と連携)
    • 甲状腺眼症に対するステロイド大量療法、放射線療法
    • 原発性アルドステロン症、褐色細胞腫、クッシング症候群の周術期管理・内科治療
    • 下垂体機能低下症に対するホルモン補充療法の導入
    • 甲状腺のう胞に対する経皮的エタノール注入療法
糖尿病教育入院について

当院ではクリニカルパスを用いて糖尿病の教育入院を行っています。
1週間と2週間の糖尿病入院パスを作成しています。
医師のみならず、看護師、管理栄養士、薬剤師、検査技師など他職種で糖尿病教室、個別指導を行っております。

教育入院パス

専門分野

糖尿病
  • 2型糖尿病に対するクリニカルパス、チーム医療を活用した教育入院
  • 周術期、周産期の糖尿病患者に対する診療支援
  • 外来インスリン導入
  • 1型糖尿病患者に対するインスリンポンプ療法の導入
  • 持続血糖測定システムの臨床応用
内分泌代謝疾患
  • 抗甲状腺薬で難治なバセドウ病の治療(放射性ヨード内用療法、外科治療の適応含む)
  • 妊娠、出産と関わる甲状腺疾患の専門的治療
  • バセドウ病眼症に対するステロイド大量療法、放射線治療
  • 超音波検査、穿刺吸引細胞診を応用した甲状腺結節性病変の診断
  • クリティカルパスを活用した内分泌疾患のスクリーニングおよび検査入院プログラム
    (原発性アルドステロン症、クッシング症候群、褐色細胞腫、副腎偶発腫、先端巨大症、下垂体機能低下症 等)

主任診療科長

山本一博
主任科長 山本 一博 教授
鳥取大学医学部循環器・内分泌代謝内科教授
大倉 毅 写真
講師 大倉 毅
 

特徴的技術

当科は鳥取県内唯一の日本糖尿病学会、日本内分泌学会、日本甲状腺学会、日本超音波学会全ての専門教育施設です。

内分泌代謝疾患を有する患者さんがこの地域で安心して生活していただけるよう、最新のエビデンスに基づく診療を心がけています。
インスリンポンプ療法、持続血糖測定モニタリングシステム、超音波エラストグラフィーなどの最先端の医療機器を積極的に導入し、他施設との人材交流も推進しています。

バセドウ病のアイソトープ治療、バセドウ病眼症の放射線、ステロイド治療など、なるべく患者さんへの負担の少ない内科的治療を心がけています。

糖尿病の治療選択として、食事負荷試験によるインスリン分泌能試験、グルコースクランプ法によるインスリン抵抗性試験を行っており、病態に則したもっとも簡便かつ、治療効果の得られる治療選択を心がけています。
なるべく食事療法、経口薬を用いてインスリン注射の回数、量を減らすように心がけています。
インスリン必要と判断した場合、良好な血糖コントロールを得られるように適切なインスリン種類・回数を吟味して選択しています。

また当院の他科治療中の患者さんに対する糖尿病の診療支援、糖尿病医療支援チームによる多職種連携を通じて患者さんの診療が円滑に進むようサポートしています。

地域の内分泌代謝疾患の最後の砦として尽力いたします。

特徴的な医療機器等

主な検査
  • 持続血糖測定システム
  • 人工膵臓によるインスリン抵抗性試験
  • 食事負荷試験によるインスリン分泌能評価
  • 甲状腺超音波検査 超音波ガイド下甲状腺穿刺吸引細胞診
  • 各種内分泌負荷試験 副腎静脈サンプリング(放射線科と連携)
持続血糖モニタリングシステム、インスリンポンプ療法について

持続血糖モニタリングシステム(Continuous Glucose Monitoring; CGM)は、一定の間隔で継続的な血糖測定を可能とする血糖測定システムです。
CGMを用いることで測定が難しい血糖値の変動を把握できるようになり、糖尿病治療の最適化が可能になると考えられています。 当院で採用しているCGMは、皮下に一時的に留置したセンサー(電極)により血糖値を連続測定する血糖測定システムです。測定をひとつのセンサーで最大14日間行い、得られた測定値を携帯型のモニタシステムに記録します。
医師はパソコンを介して複数日にわたる血糖値の日内変動などを解析し、目標値からの逸脱パターンを認識できるようになります。 血糖自己測定(SMBG)だけでは1日の測定回数が限られるため、測定値から血糖値の総合的な変動傾向を示すのは難しく、さらに夜間就寝時などの測定が困難な場合では、無自覚の低血糖状態や、早朝に血糖値が上昇する「暁現象」などの変動を見過ごす可能性があります。
また、血糖コントロールの指標として過去1~2カ月間の平均値を示すHbA1c値が重視されていますが、血糖コントロールを改善しようとすると低血糖状態を招きやすくなるおそれがあると示唆されています。

CGMを用いることで、SMBGやHbA1cだけでは測定できない血糖変動をより正確に評価することが可能となり、個々の患者さまの状態に即したより良い治療方針の立案を支援することができると考えています。

また、当科ではインスリン注射よりも厳格な血糖コントロールを可能にする、インスリンポンプ療法も積極的に行っております。
インスリンポンプは、インスリン注射等、今までの方法では血糖コントロールが難しかったり、より厳格な血糖コントロールを必要とする場合に、腹壁皮下に留置した細く柔らかいカテーテルを通し、
1. 微量のインスリンを、患者さんの血糖値変化の傾向に合わせ24時間持続的に自動投与する(基礎注入)
2. 食事等でインスリンの追加が必要な場合に、簡単な操作で必要なインスリン量を0.025単位刻みで投与する(ボーラス注入)
ことができる携帯型の注入器(ポンプ)で、膵臓に近いインスリン注入を可能にします。
3日に1度注入セットとリザーバーを交換するだけで、毎回の注射は必要ありません。
また、CGMにより血糖測定を行い、インスリンポンプでのインスリン量を調節するセンサー補助型皮下持続インスリンポンプ療法(Sensor Augmented Pump; SAP療法)も可能です。当科では、低血糖時に自動で基礎インスリン注入を停止する機能が付いた、最新型のインスリンポンプミニメド640Gが使用可能です。

ミニメド640Gインスリンポンプ

人工膵臓によるインスリン抵抗性

img05

2型糖尿病は、血糖を下げる唯一のホルモンであるインスリンの分泌量が低下する、もしくはインスリンの効きが悪くなること(=インスリン抵抗性)が原因です。人工膵臓を用いた検討をおこなうことで、糖代謝に重要なインスリン抵抗性を評価できるため、患者さん一人ひとりに適正な治療内容を見つけることができます。
インスリン抵抗性の評価:筋肉のインスリン抵抗性を評価するため、血糖値センサー用カテーテルとインスリン・ブドウ糖注入用のカテーテルを別々に留置します。人工膵臓は血糖に応じてブドウ糖を注入し、インスリンの効きを調べます。
検査中はベッド上で臥床安静とし、約2時間を要します。

肥満の方は糖尿病でなくともインスリン抵抗性が存在し、インスリン抵抗性は動脈硬化、心臓病、脳卒中のリスクと考えられています。糖尿病になる前の状態でも肥満の方はインスリン抵抗性試験を受けることによって動脈リスクのリスク評価ができ、早めに食事、運動療法を行う事でリスクを回避できます。
減量の動機付けとしても有用な検査と考えています。

甲状腺エコー検査、エコーガイド下穿刺吸引細胞診について

甲状腺の腫瘍性病変は、自分であるいは医師の診察で発見されるだけでなく、画像検査の普及に伴い、他疾患の検査で偶然指摘されることが多くなっています。診療においては、超音波検査の所見が重要です。これらは多くが良性と考えられますが、比較的大きなものや、超音波の所見から悪性の可能性があるものなど精査が必要な方には、 超音波ガイド下に穿刺吸引細胞診 をお勧めしています。検査の結果、手術治療が望ましい場合には、耳鼻科・頭頚部外科あるいは乳腺内分泌外科と連携して、治療にあたります。

詳しくはこちらへ

診療実績

当科における治療実績は年間で、糖尿病外来患者数約1000人、甲状腺エコー実施数:約600例、甲状腺細胞診実施数:約100例 です。

当科の診療実績について更に詳しくご覧になりたい方はこちらへ

外来案内

予約や紹介状無しで来院された場合、後日診察となる場合がございます。
緊急受診が必要な場合は、電話もしくはFAXでご一報いただけますと幸いです。
※土曜日・日曜日と祝日は休診です。

初診の方へ

内分泌

月~金曜日の毎日新患外来を行っています。

糖尿病

月~金曜日の毎日新患外来を行っています。

初診担当医
  • 伊澤 正一郎 (学部内講師、日本内分泌学会専門医・指導医、日本甲状腺学会専門医、日本糖尿病学会専門医・指導医、日本内科学会総合内科専門医・指導医、日本超音波医学会専門医)
  • 松澤 和彦 (学部内講師、日本内分泌学会専門医・指導医、日本糖尿病学会専門医、日本甲状腺学会専門医、日本内科学会総合内科専門医)
  • 藤岡 洋平 (学部内講師、日本糖尿病学会専門医・指導医、日本内科学会総合内科専門医)
  • 角 啓佑 (助教、日本糖尿病学会専門医・指導医、日本内科学会総合内科専門医、日本糖尿病協会療養指導医)
  • 庄司 恭子 (医員、日本糖尿病学会専門医、日本内分泌学会専門医、日本内科学会認定医)
  • 松本 和久 (医員、日本内分泌学会専門医、日本甲状腺学会専門医、日本内科学会認定医)

再診の方へ

内分泌

月〜金曜日に再診外来を行っています。(甲状腺超音波検査は月曜日、水曜日、金曜日のみの実施です。)

糖尿病

月〜金曜日に再診外来を行っています。

1型糖尿病外来:毎月第一火曜日午後2時から開始してします。1型糖尿病の方が集まっての座談会「白うさぎの会」も行っています。

患者の皆様へのお願い

当院は、重症あるいは専門診療を必要とする患者さんを優先して診療することが求められている医療機関です。
当院受診を希望されます際には、かかりつけの医療機関からの診療情報をお持ちください。
診療情報をお持ちにならない方は原則受付できません。

医療関係者の皆様へのお願い

当院への受診を患者様に勧める場合、医療福祉支援センターのFAX予約サービスのご利用をお願い申し上げます。
緊急を要する場合や予約サービスを利用できない場合には、お電話でご一報ください。

医師紹介

第一内科診療科群主任診療科長 教授 山本 一博

講師 大倉 毅

 

副科長 学部内講師 外来医長 伊澤 正一郎

学部内講師 副病棟医長 松澤 和彦

学部内講師 副統括医長 藤岡 洋平

助教(高次集中治療部)  角 啓佑

医員 中村 理沙

医員 庄司 恭子

医員 松本 和久

医員 伊藤 祐一

医員 北尾 苑子

医員 阿武 茉利

医員 石井 有李子

医員 種田 夏香

医員 木原 さくら

医員 高橋 雅子

詳しくはこちらへ