整形外科 概要

 

診療内容

整形外科/リウマチ科は,脊椎を含めた骨関節を扱っています.関節リウマチや変形性関節症などの関節疾患,頸椎症性脊髄症・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症などの脊椎脊髄疾患,骨肉腫などの骨軟部腫瘍,骨粗鬆症,手のしびれなどの末梢神経障害,野球肩・前十字靭帯損傷などのスポーツ障害,骨折・脱臼・切断・脊椎損傷などの外傷性疾患を受け持っています.近年は,人口の高齢化に伴い,変形性関節症・脊椎性疾患・骨粗鬆症の患者数が増加しています.

専門分野

関節リウマチ

変形性関節症

関節障害に対する低侵襲手術

脊椎脊髄病、末梢神経疾患

骨軟部腫瘍

微小血管外科・手の外科

骨粗鬆症

診療科の特色

当科では、リウマチ性疾患、骨関節変性疾患、脊椎脊髄疾患、四肢・脊椎外傷、手外科、骨軟部腫瘍、代謝性骨疾患など運動器に関わる様々な疾患を扱っています。あらゆる分野に対応できるように各分野専門スタッフを揃えて診療体制を整え、山陰地方の整形外科医療を担っています。

特徴的な医療機器等

  • 同種骨骨銀行
    人工関節の再手術や骨をたくさん必要とする脊椎手術に対して,当科内に同種骨骨銀行を設置しています.患者さんから同意を得て,保存してある骨を滅菌して冷凍保存しています.
  • 手術用ナビゲーションシステム
    脊椎や膝関節の手術時にナビゲーションシステムを用いて正確な手術が可能となります.
  • 誘発電位測定装置
    側弯症などの手術では脊髄損傷を起こす可能性があります.当科では手術時脊髄電位モニタリングシステムを用い,手術時の危険を回避しています.
  • 関節鏡視下手術機器
    肩・膝・股関節などの大関節はもちろん,手などの小関節の鏡視下手術も可能なシステムを要しています.
  • 超音波診断装置
    レントゲンやCTなどの放射線を発する診断装置の使用を最小限にする方法として超音波診断装置があります.腫瘍や関節リウマチの評価に用いています.
  • 超音波刺激骨癒合促進システム
    なかなか骨癒合が得られない場合や,骨折後早期に復帰したいという希望に対応するために,超音波刺激骨癒合促進システムを導入しています.
  • レーザー血流計
    切断後再接着の経時的な評価のための微小血流のモニタリングシステムを導入しています.
  • KT2000アルスロメーター
    膝十字靭帯断裂の定量的な診断のために,用いています.
  • イリザロフ式創外固定器:脚延長,四肢変形矯正器
    肢・下肢の長さを伸ばすための特殊な装置です.外傷後の骨欠損や先天性小人症などの治療に用いています.
  • 骨塩定量装置:DXA法最新機器,peripheral Q-CT
    骨粗鬆症診断のために骨粗鬆症で骨折しやすい部位を直接評価が可能です.

診療実績

平成28年度 手術実績

骨折 89
脊椎 192
人工関節 54
骨切り術 13
感染症 44
手外科・マイクロ・形成外科的手術 72
関節リウマチ 8
骨軟部腫瘍 77
関節鏡視下手術(膝・肩・その他) 85
末梢神経 20
外傷・その他 91
合計 745(重複あり)

過去の診療実績についてご覧になりたい方はこちらへ

外来案内

診療日

初診の場合

当院へ初めて来院される患者様へ

事前に診療予約をお取りすることはできません.8:30~10:30までに外来棟1階の新来受付窓口で手続きを行った後,外来棟2Fの整形外科/リウマチ科外来へお越し下さい.

整形外科/リウマチ科への紹介状をお持ちの患者様へ

紹介元医療機関(紹介状を作成していただいた医療機関)を通じて,当院医療福祉支援センターへFAXして頂き,受診予約をして下さい.当院医療福祉支援センターから紹介元医療機関に診療予約票・診療予約連絡票をおりかえしFAXします.受診日当日,診療予約票・診療予約連絡票・紹介元医療機関からの紹介状を持参し,予約時間の10分前までに外来棟1階にあります医療福祉支援センターへお越し下さい.

当院の受診歴があり,整形外科/リウマチ科への紹介状をお持ちでない患者様へ

事前に診療予約をお取りになりたい場合には,整形外科/リウマチ科受付(0859-38-6582)へ電話にてお問い合わせ下さい(午後2時以降にお願いします).
診療予約をされていない場合には,外来受付で手続き後,2階当科窓口で受診理由をお申し出ください.

再診の場合

予約のある場合

診察券をお持ち頂き,外来棟1階の自動再来機または再来受付窓口で受付を行った上で,外来棟2階整形外科/リウマチ科外来へお越し下さい.
診療予約を希望される方や診療予約の変更を希望される方は,整形外科/リウマチ科受付(0859-38-6582)へ電話にてお問い合わせ下さい.

前回受診から長期間経過しており,検査予定などがない患者様

受診理由を2階当科窓口でお伝えください.

医師紹介

整形外科長(教授) 永島 英樹

リハビリテーション部 部長(教授) 萩野 浩

副科長(准教授) 榎田 誠

リハビリテーション部 副部長(准教授) 尾﨑 まり

外来医長(講師) 谷島 伸二

統括医長(講師) 山家 健作

病棟医長(講師) 林原 雅子

副統括医長(院内講師) 林 育太

医師(助教) 谷田 敦

医師(助教) 柳楽 慶太

医師(助教) 三原 德満

医師(助教) 武田 知加子

 

詳しくはこちらへ