関節リウマチ

関節リウマチは、不治の病ではなくなりました。現在の治療の基本はメトトレキサートを軸とし、生物学的製剤や低分子化合物であるJAK阻害薬などで、寛解や治癒を目指します。患者さんの状況にあわせ最適な治療を提供しています。既に壊れてしまった関節や手足の変形に対しては人工関節置換術や手・足の外科専門医による機能再建を行っています。