一般検査部門

一般検査部門では、主に尿や便、髄液、そして穿刺液を検査しています。尿や便に関しては、非侵襲的に検体を採取することができるので、負担が少なく容易な検査です。スクリーニング検査として有用な検査になります。