精神科 概要

精神科について

 

診療内容

対象疾患

統合失調症

気分障害(うつ病、躁うつ病)

不安障害

アルコール依存症

発達障害

診療実績はこちら

当科の方針

兼子教授 当科は、精神疾患をもつ患者さんが主観的満足感をもって社会参加することを援助できるような包括的な治療・リハビリテーションの開発を目指しています。精神医学の幅広い臨床経験とともに、認知矯正療法(NEAR)による統合失調症の認知リハビリテーション、パルス波を用いた修正型電気けいれん療法などを行っています。また、発達障害患者の長期フォローアップのため、脳神経小児科や臨床心理学専攻との連携を行っています。
兼子 幸一 診療科長

 

 

 

主な治療
  • 精神療法
  • 薬物療法
  • 心理療法
  • 認知矯正療法(NEAR)
  • 修正型電気けいれん療法(入院)
  • 精神科作業療法(入院)

特徴的な医療機器等

  • 誘発電位検査装置
    聴覚による誘発電位の連続的測定
  • NIRS脳計測装置(光トポグラフィー)
    近赤外線を用いた脳血流の測定
  • 定電流双極性短パルス波治療器
    修正型電気けいれん療法に使用
主な検査
  • 頭部CT・MRI・SPECT
  • 近赤外線スペクトロスコピー(NIRS)
  • 脳波
  • 心理検査

 

外来案内

診察日

新来:火・水・木・金
再来:火・水・木・金

<患者さまへ>

当科は、地域のクリニックなどの精神科医療機関の精神科医師によって、より専門的な医療が必要と判断された患者さまに対して、適切な医療を提供することを目的とした病院です。

大学病院としての専門性・高次機能を保った医療を果たすために、精神症状のある方に関しましては、まずは地域の精神科医療機関の受診をお願いします。

当科を初診される場合には、地域の精神科医療機関の精神科医師の紹介状が必要となります。また、外来治療で安定されている患者さまにつきましては、地域の精神科医療機関に紹介し、そちらでの通院をお願いしています。

詳しくはこちらへ

医師紹介

精神科 科長 兼子 幸一

准教授 岩田 正明

助教 板倉 征史

助教 山梨 豪彦

助教 太田 貴士

助教 梶谷 直史

 助教 荒木 隆之

詳しくはこちらへ