言語療法のご紹介

言語療法 Speech Therapy

  • 言語療法(Speech Therapy;ST)とは
    言語聴覚療法とはコミュニケーションや、食べること飲むことに障害を持つ人々の言語や聴覚や摂食の機能の獲得・回復・維持を支援し、最終的には「生活の質(QOL)」を高めるために行われるリハビリテーションや療育の一領域です。
    社会的存在である人間にとって、コミュニケーション障害は社会生活をいとなむ上で最も困難な障害と言えます。しかしながら手足などの障害と異なって、その人の外見からだけでは理解しづらい障害でもあります。
    それだけに、このような障害に立ち向かう人々を援助する専門家の役割は、高度の専門性を必要とすると同時に共感性に富み、かつ繊細であることも求められています。実際には頚肩部のリラクゼーションや口の体操、自由会話場面を設定した上での発話意欲の向上にむけた訓練などを行います。
  • 摂食・嚥下訓練
    口や喉の動きが悪くなった場合、食べ物がこぼれたり、飲み込みにくくなったりします。また、飲み込めなくてムセてしまう(気管の中に入る:誤嚥)。まず、なぜ飲み込みにくくなっているのかを評価して、口や喉の動きの練習をしていきます。もしくは、どのような食べ物をどのような工夫して、食べていけばよいかを相談することもあります。
  • 言語・失語症訓練
    ことばが思い出せない、文字が書けない、言っていることが理解できない。年齢による低下とはいえない程度の言語機能の低下を失語症といい、主に左脳の損傷によって起こります。ただ、一概に「言葉に問題が…」といっても、さまざまであり、得意なところもあれば、苦手なところもあります。まず、専門家は言語機能の得意な部分・苦手な部分を把握し、訓練に臨んでいきます。
  • 聴覚・言語訓練
    当院では耳鼻咽喉科・頭頸部外科にて、重度難聴者に対して人工内耳手術を実施しています。ただ、人工内耳をいれたからといって、すぐに言葉が聞き取れるようになるわけではありません。人工内耳の調整を実施していき、その後日常生活で慣れていく必要があります。また、言葉を獲得する時期の子どもにとっては、難聴児・人工内耳装用児うまく言葉を使えず、コミュニケーションの発達に不安をかかえることがあります。言語訓練や聴き取り訓練を実施し、さまざまな発達の相談をしていきます。