微小血管外科・手の外科

手足の先天奇形・神経や腱の損傷・化膿性疾患・骨折などでは、顕微鏡を使った微小血管外科が必要となることがあります。微小血管外科の技術を用いて、切断された指・肢の再接着、損傷・切断・挫滅されたりして障害を生じたり欠損の生じた部位に、血管付きの皮膚・骨・関節などの(自分の体から自分の体へ)移植を行います.