リハビリテーション部・リハビリテーション科 概要

リハビリテーション部・リハビリテーション科 概要

「リハビリテーション部」は、整形外科開設後に付随の物療室として発足したのに始まります。その後、昭和54年4月に中央診療施設の一部として、専任医師の配置と共に理学療法部へ格上げされました。2002年4月1日にリハビリテーション部となり、スタッフの増員、対象リハビリテーションの拡大をして参りました。  現在のスタッフは部長(教授)、副部長(准教授)、看護師長、看護師2名、理学療法士15名、作業療法士8名、言語聴覚士5名、事務補佐員2名となっています。  最近では診療患者数平均100名/日で90名が入院患者で、このうち訪室(往診)患者数40名です。

  脳血管リハ 運動器リハ 心大血管リハ 呼吸器リハ がんリハ
1か月あたり
単位数

3526.25

1283.3

435.6

321.5

246.5

 

診療科・部門の特色

  • 当附属病院リハビリテーション部・リハビリテーション科は、院内全科の入院患者および外来患者を治療対象として、各診療科と連携して、主に急性期リハビリテーションの診療に当たっています。
  • 当部では骨関節疾患、脳血管障害、神経・筋疾患、呼吸器疾患、虚血性心疾患、心不全など幅広く診療を行っています。
  • 骨関節疾患では、特に、スポーツ障害に多い膝関節靱帯再建術後や肩関節腱板術後などの系統的な運動療法、手の外科術後の作業療法、関節リウマチの関節破壊を早期から防止する作業療法に力を入れています。
  • 脳血管障害に対しては発症後の超早期介入を実施し、神経・筋疾患ではパーキンソン症候群を含めた神経・筋難病へのトータルアプローチを進めています。
  • 心大血管リハビリテーションを取り入れ、心筋梗塞、心不全などの疾患および心大血管術後患者を対象に実施してQOL回復を図っています。
  • がん患者リハビリテーションでは血液内科、耳鼻科の悪性腫瘍患者をはじめ、多くの診療科の悪性疾患を対象に、化学療法時のADL低下防止、疼痛緩和、自宅退院を目指して、高いQOLを維持すべく積極的に介入しています。
  • 歩行時の筋電学的分析やバランス機能評価による新規運動介入法の研究を行っています。さらに最近では種々の新規歩行運動補助機器の基礎的研究および臨床開発を企業と連携して実施しています。