医療福祉支援センター長 挨拶

医療福祉支援センター長 挨拶

医療福祉支援センター長の黒﨑雅道でございます。黒崎教授

当センターの運営の理念につきまして一言ご挨拶申し上げます。

 当センターでは、私たちの病院の理念である “健康の喜びの共有” を実現するべく、患者さま、ご家族さまの視点に立った医療支援を最大の目標としています。

 その業務は外来および入院診療から退院支援、医療連携、在宅医療、福祉手続きに至るまで多岐に及んでいます。皆さまが私たちの病院を受診されたその時から精一杯のご支援をさせていただきます。現代の医療は高度に機能分担が進んでおり、急性期医療を担当する当院だけで完結することは難しく、退院後も生活の質(QOL)を高めるためにリハビリテーションやサービスの利用等のさまざまな取組みが必要です。そのため、私たちは地域の医療機関や介護・福祉関連事業、行政機関等との緊密な連携を積極的に推進してまいります。

 当センタ-では、看護師と医療ソーシャルワーカー、事務担当の多職種が相互に協力しながら皆さまひとり一人に寄り添った支援を提供いたします。ご不安や疑問に感じていらっしゃることなど、誠心誠意対応させていただきますので、どうぞ気楽にご相談ください。

 皆さまが安心して治療を受けることができ、退院後に安心して暮らしていただくために、職員一同努力してまいります。何卒宜しくお願い申し上げます。