医療福祉支援センター 概要

ここ数年病院間の役割分担が進んできています。急性期、回復期、慢性期・療養、在宅とそれぞれの役割を病院、地域が分担し、患者さんは自分の状態にあった医療を受けることができるようになりつつあります。鳥取大学医学部医療福祉支援センターはその橋渡しになる役割を担っています。在宅支援を受けられる患者さんやご家族には、地域の「かかりつけ医」の先生や在宅支援、在宅看護が受けられるシステムを紹介しています。また、リハビリが必要な患者さんには、どの病院がどういったリハビリの特徴を持っているかなど紹介させていただいています。

紹介

医療福祉支援センターは、患者さま、ご家族に対する医療福祉サービスの提供、他の医療機関及び介護・福祉施設との連携強化を目的としており、現在患者さまの外来通院、入院療養、退院支援、及び在宅医療などに関する支援業務をおこなっております。

患者さんの満足できる医療を提供するため、紹介元医療機関や地域医療機関などと密接に連携を図り、円滑な医療ができるように支援する事にあると考えております。

医療福祉支援センター長挨拶
医療福祉支援センターの実績
医療福祉支援センター年報 
セカンドオピニオン外来の受付
FAXによる外来診療予約の受付
在宅訪問看護について
在宅医療支援業務

業務内容

  • FAXによる外来診療予約
  • セカンドオピニオン外来の受付
  • 医療費助成制度案内
  • 退院支援
  • 地域医療連携パス
  • 鳥取県西部地区の医療連携 

医療福祉支援センターの職員の紹介

スタッフ紹介

  センター長   兼子幸一
  副センター長  尾崎まり
  センター長補佐   足塚則子
  看護師長   木村公恵
  副看護師長   山岡亜矢、下口優子
  看護師   本村桂子、石倉久美子
  MSW   河村香苗、小林梢、大塚めぐみ、森脇英子、大塚智子、河村直美
  PSW   田子朋恵
  事務職員   秦野秀雄、長尾健一、吉灘裕子、吉田香里、谷田千里

医療福祉支援センタースタッフH29.4

【問い合わせ先】
鳥取大学医学部附属病院
医療福祉支援センター
電話 0859-38-6961
FAX 0859-38-6984