看護部の紹介

  • 中村 真由美
    副病院長・看護部長

    中村 真由美

    鳥取大学医学部附属病院看護部は、「共に歩む看護」を理念として、専門性の高い看護の提供、看護の教育・研究を推進し、地域の人々と「共に歩む看護」を実践します。
    特定機能病院である当院の看護師には、病態の変化や疾患を包括的にアセスメントする能力や、治療内容を理解し安全に医療・看護を提供する能力をさらにレベルアップすることが求められます。そのため、すべての看護師が患者さんの重症化の兆候を見逃さない観察力とアセスメント能力を習得し、医師への適切な報告と対応ができるように取り組んでいます。
    治療過程においては、医療従事者から適切な情報の提供と説明がなされ、患者さん本人による意思決定を基本としたうえで、医療チームと十分な話し合いを行い、医療・ケアを進めることが求められています。私たちは、看護師の重要な役割であるICの同席、退院支援の場面などにおいて、看護師全員が患者さんの意思決定プロセスを支援できるように取り組んでいます。
    また、高齢化による認知症やせん妄などの患者さんに対して、身体拘束を最小限とする取り組みを継続し、身体拘束が人間の尊厳にかかわる重大な問題であることを看護師一人ひとりが認識し、患者さんやご家族の思いを受け止めるような看護を実践していきたいと思います。
    また、ボトムアップによる業務改善を推進し、看護師が患者さんのそばにいる時間を増やすための看護システムの再構築に取り組み、患者さんの観察やケア、患者さんやご家族とのコミュニケーションなどの本来の看護業務に時間を使い、患者さんのそばにいる価値を見出し、看護師のやりがいにも繋げていきたいと考えています。
    そして、これまで実践してきた入院前から始める退院支援をさらに強化し、外来・在宅・地域への継続看護を充実させ、私たちが大切にしている「その人らしさを支える看護」を実現し、期待に応える看護を実践して行きます。

看護部理念

共に歩む看護

私たちは専門性の高い看護の提供、看護の教育・研究を推進し、地域の人々と共に歩む看護を実施します。

基本理念

  1. 【看護】
    私たちは、患者に寄り添い安全で安心できる専門性の高い看護を提供します。
  2. 【教育】
    私たちは、高い倫理観を持ち、人間性豊かなすぐれた看護職を育成します。
  3. 【研究】
    私たちは、研究を推進し、看護の質の向上に寄与します。
  4. 【地域・社会貢献】
    私たちは、地域連携を推進し、社会に貢献します。
  5. 【国際化】
    私たちは、国際交流を推進し、グローバル社会に対応できる看護を目指します。
看護部理念

令和元年 看護部スローガン

そばにいて気づき、行動し、期待に応える看護の実践

看護体制

  1. 7対1看護体制、50対1急性期看護補助体制
  2. PPC体制(患者は重症度により病棟を移動する)
  3. 看護方式(固定チームナーシング・継続受け持ち制)
  4. 入退院促進システム
  5. とりりんパートナーシップ・ナーシングシステム
  6. マイナースシステム
  7. 新人ローテーション教育体制
  8. 2交替・3交替夜間勤務の選択制(早出・遅出・例外として呼び出し体制もあり)
  9. 病棟・外来一元化(病棟・外来を同一の看護単位が管轄する)
  10. リリーフ体制(各看護単位の相互サポート体制)