• レジデント
  • 看護師
  • コメディカル
  • 海外研修記
  • 今年のとりだい
  • ワークライフバランス支援センター

看護部の紹介

  • 中村 真由美

    中村 真由美
    看護部長

    本院の基本方針に従い看護職として安全・安心な看護、先進医療を支える看護技術の責任ある提供に努めます。
    またリーダー性を発揮し院内外の看護のレベルアップと専門職として優れた人材育成に努力します。特に看護師の継続教育、学生の実習病院の役割を果たします。
    これらの理念を実現するために看護部では主体的に学習する組織となり個々に成長が自覚できること、そして看護師が目標をもちキャリアと生活の充実を図り活き活きと働き続けられる環境作りに努力しています。常に改革を続けて鳥取大学の組織の一員として誇りと喜びを持って歩み続けています。

看護部理念

共に歩む看護

私たちは専門性の高い看護の提供、看護の教育・研究を推進し、地域の人々と共に歩む看護を実施します。

基本理念

  1. 【看護】
    私たちは、患者に寄り添い安全で安心できる専門性の高い看護を提供します。
  2. 【教育】
    私たちは、高い倫理観を持ち、人間性豊かなすぐれた看護職を育成します。
  3. 【研究】
    私たちは、研究を推進し、看護の質の向上に寄与します。
  4. 【地域・社会貢献】
    私たちは、地域連携を推進し、社会に貢献します。
  5. 【国際化】
    私たちは、国際交流を推進し、グローバル社会に対応できる看護を目指します。
看護部理念

平成29年度 看護部スローガン

患者・家族・医療職・地域の強みを引き出し、その人らしさを支える看護の実践

看護体制

  1. 7対1看護体制、50対1急性期看護補助体制
  2. PPC体制(患者は重症度により病棟を移動する)
  3. 看護方式(固定チームナーシング・継続受け持ち制)
  4. 入退院促進システム
  5. とりりんパートナーシップ・ナーシングシステム
  6. マイナースシステム
  7. 新人ローテーション教育体制
  8. 2交替・3交替夜間勤務の選択制(早出・遅出・例外として呼び出し体制もあり)
  9. 病棟・外来一元化(病棟・外来を同一の看護単位が管轄する)
  10. リリーフ体制(各看護単位の相互サポート体制)