Support to all patients
すべての患者さんの幸せのために
てんかん患者が適切な治療を受けられる地域ネットワーク

事業概要

てんかん有病率は約1%、
日本で100万人の患者さんがいます。
現在、てんかん有病率は約1%→日本で100万人、発症は小児と高齢者に多く、70-80%は抑制され、半数は治癒します。多数の新薬が日本認可されており、手術で治るてんかんもあります。医療費助成も受けられますが、多様な困難さへの配慮と支援が課題となっています。本事業では、すべての患者さんが適切な治療、福祉的支援、相談を受けられる地域の拠点づくりを目的としています。
  • ご挨拶
  • 事業内容
  • てんかん診療
    拠点機関について
  • てんかん診療
    医療連携協議会について
  • 相談
    治療体制について

活動案内

本事業では、てんかん協会鳥取県支部と協力して地域住民への啓発活動や、
医師・歯科医師・薬剤師・看護師・保健師・福祉職等に向けた情報発信を県と協働して行っています。

てんかんとは

相談

てんかん診療支援コーディネーターが相談窓口となり、日本てんかん協会鳥取県支部と連携し、てんかん患者とその家族に対する相談支援を行っています。医療相談は本協議会委員の医師(委員の医師は日本てんかん協会の会員)が担当し、日本てんかん協会鳥取県支部は、県・市町村の福祉担当課および県内の福祉事業所、教育機関や福祉協議会等の連携で、福祉や生活相談の支援を行っています。

お知らせ

その他のご案内

医療費の助成や、福祉サービスなどを受けられます。
PAGE TOP