血液内科 概要

トップ

血液内科 概要

血液内科

 

 

診療内容

対象疾患
得意分野

白血病、悪性リンパ腫や多発性骨髄腫などの造血器悪性腫瘍に対して、国際標準の治療成績が得られる化学療法のプロトコールをできるだけ採用し、患者様とそのご家族のご要望に沿って、最善の治療を目指します。また、再生不良性貧血や特発性血小板減少性紫斑病などの免疫関連疾患に対しても国際的なガイドラインに沿った治療を実施します。特に、悪性リンパ腫や多発性骨髄腫に対して、自家末梢血幹細胞移植を併用した大量化学療法を施行し、治療成績の向上を目指しています。また、同種造血幹細胞移植も実施件数を増やし、さらに充実させていきます。検査部と連携し、造血器悪性腫瘍の診断や微小残存病変のモニタリングのために遺伝子検査やフローサイトメトリー検査を積極的に導入しています。

主な治療
ページトップへ

診療科の特色

山陰では数少ない血液専門医のいる医療機関です。血液疾患をもつ患者様に対して全国レベルの医療を提供できるよう、少ないスタッフではありますが、日夜努力しております。

ページトップへ

特徴的な医療機器等

主な検査
ページトップへ

医師紹介

教授  福田 哲也

教授 本倉 徹

講師  河村 浩二

助教 細田 譲

助教 鈴木 さやか

医員 原 健太朗

詳しくはこちらへ