1. TOP
  2. 薬剤師
高度な医療に挑戦しつづける職種のコト。高度な医療に挑戦しつづける職種のコト。
薬剤師
薬剤師
鳥大病院の
薬剤師の特色
1
多様な業務をこなせる、
総合力の高い
薬剤師へと成長

調剤などの中央業務に加え、病棟業務や患者指導なども並行して行い、さらに最新の薬剤情報を把握する必要があるため、薬剤師として幅広いスキル※やノウハウを得られます。

※災害時などにはDMAT隊員として災害医療への参画も行われます

2
新人スタッフの、
半年間の急成長を支える
トレーナー制度
薬剤部では、入職1年目のスタッフも先輩トレーナーと一緒にすべての業務を実践。毎日終業後はトレーナーと一日の振り返りを行い、半年後には一人で当直業務を行えるようになります。
3
大学病院での
専門性の高い経験は、
キャリアアップの近道に

ICUでの高度薬学的管理や、がん化学療法のレジメン管理など、専門性の高い業務も多いため、その知識と経験を活かしてキャリアアップを目指す職員も多く、現在、1名の指導薬剤師、12名の専門・認定薬剤師がいます※。

※2018年3月時点

研修内容
当院薬剤部では、「患者さんに安全で適切な薬物治療を提供できるジェネラリストの育成」を掲げ、一年を通して新採用薬剤師研修を行っております。具体的には、まず医療安全、カルテ操作、接遇などの初期導入研修を2週間行った後、調剤業務を行います。並行して、患者さんの持参薬の鑑別といった基礎的な病棟業務研修も開始。本番業務さながらに、多様な研修に取り組みながら、「ジェネラリスト」に求められる基本知識と経験を養っていただきます。さらに詳細な年間計画は、下記の表をご覧ください。
平成30年度 新採用
薬剤師 研修計画表
部署 研修項目 備考
4月
~6月
調剤(処方)
調剤(注射)
病棟
計数調剤、一包化、散薬、水薬・物流、定数配置カート、管理薬取り扱い・持参薬鑑別 各種オリエンテーション
(4月上旬)

薬剤師免許登録(5月)
調剤技能テスト(6月下旬)
7月
~9月
調剤
病棟
製剤
対応業務(投薬、疑義紹介、電話)、処方鑑査・初回面談、病棟巡視製剤・TPN、院内製剤
調剤と病棟を1日ずつ交互に
10月
以降
調剤
病棟
製剤
配属部署
注射薬鑑査・セット業務、麻酔薬セット・薬剤管理指導、カンファレンス参加・抗がん剤の調製配属部署・関連業務(DI、TDMなど) 10月~ 日勤・夜勤補助 開始、部署配属
1月~ 日勤・夜勤補助 開始
3月~ 夜勤開始
配属部署の業務+
週2~3日調剤
基本的な勤務体系
業務シフト例
1日病棟業務
病棟業務 / 8:30~17:00
(休憩/12:45~13:30)
調剤/病棟(半日病棟)
製剤業務[混注] / 8:30~10:30
調剤業務 / 10:30~12:45
病棟業務 / 13:30~17:00
(休憩/12:45~13:30)
1日調剤業務
製剤業務[混注] / 8:30~10:30
調剤業務 / 10:30~17:00
(休憩/12:45~13:30)
これらの主な業務パターンを
上司から日毎に指示され、
業務横断的なシフト体制を
行っています。(一例です)
施設・設備
医薬品情報検索システム
病院情報データ検索/分析/活用ソリューション
薬剤管理指導業務支援システム
診療情報から必要な情報を抽出して医薬品の適正使用に貢献します。
がん化学療法レジメンチェックシステム
がん化学療法用注射薬調製室
無菌調製室
がん化学療法や院内無菌製剤を調製し、情報提供と臨床評価を行います。
散薬・水薬調剤鑑査システム
薬剤情報提供システム
自動注射薬払い出しシステム
麻薬管理システム
医薬品ロット番号在庫管理システム
効率のよい正確な調剤と医薬品管理を行います。
薬物体内動態解析システム
血中濃度測定、解析、推奨処方を提案し、医薬品の適正使用に貢献します。
薬剤部専用
イントラネットシステム部員室視聴覚システム
全職員が情報を共有し、円滑な業務遂行と学術向上に努めています。
よくある Q&A
  • 鳥大病院の薬剤部では、
    どのような地域医療活動に
    取り組んでいますか?

    地域の病院や薬局と
    情報共有を行いながら、
    医療のレベルを
    高めています。

    鳥取県病院薬剤師会を通して、地域の各病院のユニークな取り組みについて情報共有や研修会を開催し、地域の方々により安全で安心な薬物療法を提供することをめざしています。また地域薬局とも連携し、勉強会をすることもあります。ほかにも、地域内に薬剤師が不足している施設があれば、病院間の協定のもと薬剤師の派遣などを行うなど、地域医療における異なるステージの病院の業務を経験。鳥大病院での日々の業務に役立てています。
  • 薬剤部で行われている
    「個別化医療をめざした
    試験研究」とは
    どのようなものですか?

    一人ひとり異なる
    患者さんに、最適な治療を
    提供するための研究です。

    患者さんごとに病態や服用している薬、合併症などは異なります。そのため、同じ薬を同じ量飲んでも、体の中での薬の働きは人それぞれ異なり、その効き方や副作用の発現は一人ひとり違います。私たちは、薬の血中濃度と、治療効果と副作用の発現との関連を精査し、個々の患者さんに対する適正な治療に貢献する研究を推進しています。このような治療方法を「個別化医療」と言い、特に薬剤部では抗がん薬や免疫抑制薬などのハイリスク薬について研究を進めています。
  • チーム医療を行う上で、
    鳥大病院の薬剤師は
    どのようなこと
    を大切にされていますか?

    一科学者としての目線で、
    最適な治療に
    向き合っていくことです。

    薬剤師が、同じ効き目の薬が複数ある中から「この患者さんにはAの薬が適している」とチームに提案する場合、そこには「併用している薬との相互作用を回避するため」など、科学的証拠がなければいけません。私たち薬剤師は、化学や物理学を学び、加えて薬物動態学的、医療薬学的視点も培うことで、例えば薬の副作用が発現した場合にも、病態の変化や検査値、併用薬の情報などから科学的に要因を考えていくのです。このように、一科学者として個々の患者さんに適した薬物療法と向き合うことが、薬剤師の重要な役割の一つだと考えています。
先輩に聞く
「鳥大病院」が
めざす薬剤師像
とは?
調剤の前に、
どれだけ患者さんのことを
知れるか。
福田 葉月 勤務歴:6年
私が仕事をする上で最も大切にしていることは、コミュニケーションです。薬剤師の仕事のイメージからすると、少し意外だと思われるかもしれませんね。「調剤をする仕事」と思われやすい薬剤師ですが、実際は病棟をまわって患者さんの体調を聞いたり、患者さんやその家族へ服薬指導をしたりと、人と接する機会がかなり多いのです。その中で、会話から見えてくることがたくさんあります。例えば、薬が苦手な子どもに対して。いま飲んでいる薬の何が嫌なのか、原因を聞きます。飲み込みにくいのであれば、小さいサイズや顆粒の薬に変える。味が嫌だったら医師と相談し、同じ効能の違う薬を選択する。飲み方などで解決できることもあります。こうしたコミュニケーションの重要性を実感しているから、普段から用事がないときでも患者さんに声をかけ、何でも話せる人間関係をつくるように心がけています。薬剤師の仕事は、患者さんを知ることから始まる。そのことを、これからも意識していきたいです。
福田さんの上司三好さん
(一般病棟業務室室長)
福田さんの
「ココが成長した!」と
感じるところを
教えてください。

2019年から病棟のリーダーを担当してもらっているのですが、後輩薬剤師や医師、看護師からの相談応需や、病棟業務のマネジメントの経験などを通して、周囲の状況や業務全体を意識して行動できるようになったと感じます。

福田さんの
「薬剤師としての強み」は
何でしょうか?

小児科病棟の担当になったことで小児の薬物療法に興味を持ち、小児薬物療法認定薬剤師の資格を取得しました。さらに現在は緩和薬物療法認定薬剤師をめざして勉強に励むなど、さまざまなことに真剣に取り組み、努力し続けられるところが強みだと思います。

福田さんにとって、
三好さんってどんな人?
私の直属の上司で、一般病棟業務室の室長として個性豊かな室員をまとめてくださっています。私は2019年から新しい病棟のリーダーを担当しているのですが、三好先生のサポートのおかげで日々成長を感じられています。
福田さんの後輩 竹﨑さん
福田さんから
教わったことの中で、
特に印象深いことは
何ですか?

小児医療の指導をしていただいた際、「薬剤師の仕事は、調剤ミスや処方過誤の見逃しによる重大な事故に注意する必要がある。中でも小児領域は特に慎重にならなくてはいけない」と教わりました。自分の仕事が患者の命と直結するという意識を強く持ちました。

福田さんの
「ココがすごい!」と
感じることを
教えてください。

自分の意見を発信できることです。部内のカンファレンスなどでも物怖じせずに発言されており、尊敬します。質の高い医療を提供するためには医療者同士の協力が必要となるので、薬剤師視点の意見を積極的に発言する姿勢は重要で、私も見習いたいと思います。

福田さんにとって、
竹﨑さんってどんな人?
頼りにしている後輩薬剤師の一人です。2019年から同じ病棟を担当するようになり、竹﨑先生が熱心に働く姿を間近で見て刺激を受けました。医師や看護師からも信頼されている、とても心強い後輩です。
※勤務歴などインタビュー内の情報は、2020年取材当時のものです。