1. TOP
  2. 臨床工学技士
高度な医療に挑戦しつづける職種のコト。高度な医療に挑戦しつづける職種のコト。
臨床工学技士
臨床工学技士
鳥大病院の
臨床工学技士の特色
1
職員、患者さん、
医療機器の間に立ち、
安全な医療環境に貢献

臨床工学技士は機器の保守管理だけでなく、血液浄化や体外循環など、さまざまな臨床業務に携わるほか、医療スタッフへの操作トレーニングも行っており、人との関わりが多い仕事です。

2
山陰地方屈指の高度医療
を支える、独自の
シミュレーション教育

当センターのベテラン技士がつくる教育プログラムは、機器のトラブル時に、いかに被害を最小限に抑え、機器を通常時に戻すかを徹底して訓練するため、新人でも効果的に実践力が身につきます。

3
それぞれがめざす
臨床工学技士へ、
キャリア
アップを
積極サポート

臨床工学技士には、よりレベルの高い専門業務を行うための認定資格がたくさんあり、それらの資格取得のための学会や研修会への参加には、シフト調整や補助金支給などの支援を惜しみません。

研修内容

初期研修はおよそ2年間行われます。はじめの1年半は、MEセンターで管理している機械の点検や院内への貸し出しなどから始まり、手術室、カテーテル室、透析室、ICUなど複数の施設を回りながら、数カ月単位で各部署の基本業務を経験してもらいます。その後、半年は希望の分野やロボット手術など大学病院ならではの業務を実践。並行して、学会発表も行います。自分で実験しデータをまとめ、発表し、批評を受けるという経験を通じて、臨床工学技士に必要な探究心・好奇心を培ってほしいと考えています。3年目以降の研修体制については、下記表をご覧ください。

クルー研修 主に3年目以降の職員が受講します。主担当、および副担当分野の研修を積んで専門性を高めつつ、呼吸・透析・高圧いずれかの学会認定取得をめざします。
トレーナー研修 主に5〜7年目の職員が受講します。業務に必要な学会資格を取得するなど自己研鑚を行いながら、チームや後輩、学生の教育も行えるよう「教える立場」としての成長を促します。
マネージャー研修 主に8〜10年目以上の職員が受講します。専門臨床工学技士の資格の取得など、より専門性に磨きをかけながら、専門分野以外についても学習。医療機器を安全に取り扱える職場環境づくりを担える力を養っていきます。
基本的な勤務体系
出勤・血液透析準備 8:00〜
透析導入、管理、
トラブル対応
8:45〜
昼休憩 11:00〜
透析導入、管理、
トラブル対応
11:45〜
午前の患者さんの回収、
午後の患者さんの準備
12:30〜
透析導入、管理、トラブル対応 13:00〜
午後の患者さん回収、
翌日の準備
17:00〜
終業 18:00
関連機器・設備と業務
血液浄化
一般的な血液浄化は、急性のものも含めて行っています。併せて、CARTや末梢血幹細胞採取なども行っています。
人工心肺/人工心臓
主に、成人心臓血管外科手術での人工心肺を年間100件以上運転しています。またハートチームの一員として、重症心不全の患者さんに使用する体外式及び植込み型補助人工心臓の植込みおよび管理も行っています。循環補助、呼吸補助のECMOやIABP、Impellaの管理も担当します。
呼吸療法
人工呼吸器の機器管理だけでなく、呼吸管理全般をさまざまな分野で行っています。
カテーテル関連
心臓においては、虚血および不整脈関連のものについて、機器操作、術野での介助などを医師の指示のもとで行います。末梢血管の治療に対しても同様に担当しています。
高気圧酸素治療
鳥大病院が保有している日本最大の治療装置の管理・操作を行っています。
OPE室/
ロボット支援手術
手術が安全に進行するように、日々準備とメンテナンスを実施。術中の機器トラブルや、大量出血などの緊急時への対応も行っています。
ICU、NICU、
救命センター業務
全身管理に必要な機器の操作、管理を行っています。対象機器は、人工呼吸器や血液浄化装置、補助循環、体温管理装置、NO吸入など多岐にわたります。
よくある Q&A
  • 育児中でも
    働きやすい環境ですか?

    出産前から育児中まで
    全員で協力し合う、
    安心して働ける環境です。

    男女ともに育児と仕事を両立できるよう、妊娠したスタッフだけでなく、奥さんが妊娠した男性スタッフも、早退や夜勤、待機などのシフトを調整できるようにし、必要に応じて担当業務の変更も行っています。出産後も、子どもの学校行事などの用事ができた際に休むことができるように、協力し合っています。また、子育てをしているスタッフ以外にも全員が1週間の休みを年に2回取れるようにするなど、MEセンターのみんなが仕事と生活のバランスを取りながら気持ちよく働ける環境をつくっています。
  • 最新の知識や機器の
    扱い方などは、
    どのように
    学ぶのでしょうか?

    入念なシミュレーションと
    実践を繰り返して
    身につけます。

    新しく入った方には、まず指導者がやって見せた後、「シミュレーションし、実践し、反省する」ということを繰り返して、覚えてもらうようにしています。実際に患者さんに治療を行う前に、さまざまなシナリオを想定してシミュレーションしながら要点をおさえるのですが、このときに重要なのは、自主性。「その時がきたからやる」というのではなく、常に本番を意識して準備を怠らないことが大切です。生命維持装置を扱うことも多いので、私たちスタッフはその責任を十分に自覚しながら、日々必要な技術や知識を習得するようにしています。
  • 臨床工学技士としての
    専門認定技師資格には、
    どのようなものがありますか?

    資格の種類は多岐にわたります
    が、
    いずれも病院のサポートを
    受けることができます。

    数が多いので具体的な資格名については当MEセンターのWebサイトを見ていただきたいのですが、各業務分野にある所定の基準が資格ごとにあるので、それをクリアしていくことになります。日々の自己学習だけでなく、学会や研修などに参加しながら、資格取得に必要な力を身につけることができます。また出張が必要なときは、病院が費用をサポートする制度もあります。ただ、資格取得は理想の医療を提供するための、あくまで通過点であるという認識を持ち、日々目の前の患者さんに向き合う意識も大切にしてほしいです。
先輩に聞く
「鳥大病院」が
めざす
臨床工学技士像
とは?
患者さんを
置いてけぼりにしない
未来へ。
山川 夏生 勤務歴:5年
医療機器の種類は一般名称で定められているものだけでも4,000※を超えると言われていて、病院では必要不可欠な存在です。私は、そんな医療機器の操作や維持・管理を担う臨床工学技士として鳥大病院に勤めて6年目。現在は血液浄化装置を専門として、透析を担当しています。日々の業務の中で特に力を入れているのが、治療に関する説明の仕方です。機器を使った治療を受ける際、患者さんは少なからず不安になると思います。事前の説明によってその気持ちを少しでも和らげられるよう、患者さんがどんな不安や疑問を抱いているのかを知るようにしたいのです。臨床工学技士の仕事は、日々更新される医療テクノロジーとの追いかけっこでもあります。新しい機器や技術を使った治療は患者さんに良い効果をもたらす期待が大きい反面、患者さんの気持ちを置き去りにする危険もはらんでいることを、私たちは忘れてはいけません。これからも患者さんの心に寄り添って、質の高い先進医療に貢献していきたいです。
※公益財団法人 日本医療機器センター HPより
山川さんの上司山根さん
山川さんの
「ココが成長した!」と
感じるところを
教えてください。

5年目にして血液浄化業務の中心スタッフとして、血液浄化の業務に関してはほとんど任せられるまでに成長しました。コミュニケーション能力も高くて他のスタッフからも信頼されており、当院に必要不可欠な存在になったと思います。

山川さんの
「臨床工学技士としての
強み」
は何でしょうか?

当院では医療機器関連でトラブルがあった場合、MEセンターに問い合わせが来ます。自分が関係していない分野からの連絡もありますが、山川さんは血液浄化業務だけでなく機器管理やNICU、高気圧治療業務などにも幅広く携わっているので、心強い存在です。

山川さんにとって、
山根さんってどんな人?
山根さんは入職時からとてもていねいに仕事を教えてくださいましたし、今でも分からないことを質問すると、詳しく、根気強く一緒に考えてくれます。後輩からも慕われる先輩だと思います。
山川さんの後輩 道上さん
山川さんから
教わったことの中で、
特に印象深いことは
何ですか?

一つひとつの仕事をきちんと理解した上で実践することの大切さを教えていただいたことです。そのおかげで、分からないことをそのままにせず、先輩に質問したり、自分で勉強したりしてきちんと身につけることを意識するようになりました。

山川さんの
「ココがすごい!」と
感じることを
教えてください。

医師と対等にコミュニケーションが図れるくらいの知識量を持っていることです。それだけでなく、後輩への思いやりと優しさにあふれていて、疑問に思ったことを質問するととても丁寧にわかりやすく教えてくださるところも尊敬しています。

山川さんにとって、
道上さんってどんな人?
道上さんは大学の後輩というつながりもあり、よく仕事を頼むことが多いですが、最後まできっちりとこなしてくれます。自分からも進んで手伝ってくれて、とても頼りにしている存在です。
※勤務歴などインタビュー内の情報は、2020年取材当時のものです。