1. TOP
  2. 管理栄養士
高度な医療に挑戦しつづける職種のコト。高度な医療に挑戦しつづける職種のコト。
管理栄養士
管理栄養士
鳥大病院の
管理栄養士の特色
1
患者さんを、栄養だけで
なく精神面でも満たす
食事を提供

鳥大病院の献立は管理栄養士が作成。旬の食材などを取り入れた、患者さんが楽しめる献立づくりを行います。また嚥下障害や食思不振などの患者さんに向けて個別の献立を作ることもあります。

2
患者さんの症状や
生活状況に合わせた、
柔軟な栄養指導

患者さんの外来・入院時に栄養指導を実施。フードモデルなどを用いてわかりやすく説明を行い、患者さんごとに最適な食事療法を考えられるよう、食事・栄養に関する幅広い知識が求められます。

3
食と栄養のプロとして、
他職種の職員とともに
チーム医療に参画

当院では栄養サポートチームや糖尿病支援チームなどに管理栄養士が参加。患者さんの病状や治療・リハビリの状況について医師や看護師と確認しながら、栄養状態の改善を通じて治療を支えます。

基本的な勤務体系
◯早番(7:30〜16:00) 
◯普通勤務(8:30〜17:00) 
◯遅番(10:00〜18:30)
普通勤務の
スケジュール例
朝礼 8:30〜
入院・外来、
個人栄養指導、
指導記録
9:00〜
担当病棟栄養管理
(2A・2CD・8B)
11:30〜
休憩 13:00〜
入院・外来、
個人栄養指導、
指導記録
14:00〜
給食業務
(嚥下食献立関係)、
委員会業務
(リスクマネージャー
業務・
栄養部運営委
員会資料作成)
15:30〜
事務所清掃 16:45〜
終業 17:00
施設・設備
栄養相談室・調理実習室
栄養食事指導を行う専用室を設け利用しています。
微酸性電解水
ノロウイルス対策を主として食中毒などの衛生管理に利用し、食品洗浄、調理機器、まな板、包丁、シンク、施設清掃にも利用しています。
調乳室
無菌室に準じた設備を調理室内に設置し、乳幼児のミルクを調整しています。
真空調理器
食中毒予防のため加熱した食品を急速に冷却する調理機器です。
スチームコンベクション
オーブン
温度と湿度の調整で焼き物、蒸し物以外にも煮物や炒め物、揚げ物風料理も調理できます。
ラウンドベア
大容量の回転立体型食器乾燥保管庫です。
生ごみ処理機
バイオ製剤の働きで生ゴミを排液として分解処理します。概ね24時間で1日に出る給食生ゴミを廃水できる基準に処理しています。
非常食
災害時対策として非常食と飲料水を3日分常備しています。
よくある Q&A
  • 産休や育休に
    ともなう休職制度は
    ありますか?

    休職制度だけでなく、
    妊娠中や復職後の
    職員に対する
    サポート制度もあります。

    産休・育休ともに多くの取得実績があります。また妊娠期間中は、担当の業務量を調整するなど労務軽減を行っています。育休からの復帰に対しても、早番・遅番勤務、家族の体調不良時の勤務変更対応など、栄養部全体で支援体制をつくっています。また保育所に子どもを預けることができないような場合は同伴出勤も認めており、その実績もあります。もちろん、男性職員の育休取得も積極的に推奨。もっと具体的な内容については、病院見学のときなどに、ぜひ職員たちに直接尋ねてみてください。
  • 鳥大病院の栄養部では、
    どのような専門資格をとることが
    できますか?

    一人ひとりの興味や希望する
    キャリアに応じて、
    多様な資格を取得できます。

    近年、さまざまな職能団体や学会による専門資格認定制度があり、国際的に通用する認定資格も増えてきています。栄養部の職員も、病態別認定管理栄養士など専門性を高めるものだけでなく、経営スキルや食品学、介護・福祉における調理技術など、それぞれの興味に応じて多岐にわたる資格を取得しています。資格については「どれを取らないといけない」というようなことはなく、基本的には本人の興味や将来の方針に任せています。
  • 鳥大病院の栄養部で
    働くには、どんな心がまえが
    必要ですか?

    患者さんの最善の治療のために、
    何ができるかを考え続ける
    姿勢が求められます。

    食は文化であり、継承すべき地域の伝統である一方、調理法や栄養素といった情報については、最新の正しい知識を追い続けなくてはいけません。また食事は予防医学、治療、癒しとなる、非常に大切なもの。管理栄養士はこれらのことをきちんと踏まえた上で、患者さんやご家族、医療チームの仲間に、食事療法の方針や献立について、わかりやすく伝える必要があります。そのためには、人を思いやる心や、相手の気持ちをくみ取り、相手のために自分が何をすべきかを考えられる姿勢が求められます。
先輩に聞く
「鳥大病院」が
めざす
管理栄養士像
とは?
自分の学びや経験のすべてが、
患者さんにとって
最善の食事につながる。
深田 育 勤務歴:6年
病院の管理栄養士として働く上でいつも意識しているのは、病院の食事は“治療の一環”だということ。私が入職して間もない頃、カリウム制限が必要な患者さんについて、看護師から「この食事をとって大丈夫ですか?」と問い合わせがありました。私は病院で出しているメニューなので問題ないと思ったのですが、相談した先輩の対応は、献立を詳細に確認するなど、私の想定と違っていて…。ときに生命に関わる病院食の重み、怖さを体感しました。それからは特に、院外開催のものも含めて、勉強会に出席していろいろな学びを得られるように意識しています。専門外の学びを通して、栄養管理とは違う視点で“食べること”を知れて、献立や調理法などを考えるときに役立つんです。食事が変われば、食べ方が変わる。食べ方が変われば、患者さんの表情や状態がより良くなる。これからも少しずつ新しい知識を身につけながら、患者さんの回復を少しでも助けられる食事を提供できるように努力していきたいです。
深田さんの上司高梨さん (メンター)
深田さんの
「ココが成長した!」と
感じるところを
教えてください。

以前は、思っていることがあっても飲み込んでしまうことがありましたが、最近では自分の考えに責任を持ちながら、しっかりと意見を言えるようになりました。考える力や責任感が増したことで、後輩の指導も的確にできるようになったと思います。

深田さんの
「管理栄養士としての強み」
は何でしょうか?

相手の立場に立ってものごとを考えることができ、誰に対しても誠実な対応ができるところです。また雰囲気がやわらかいので、患者さんやそのご家族もリラックスして、療養中・退院後の食事について相談できると思います。

深田さんにとって、
高梨さんってどんな人?
私のメンターである高梨さんは、業務内容だけでなく、社会人としての礼儀や言葉づかいなども、明るく、ときにビシッと指導してくださり、私の相談にも乗ってくれる、頼れる先輩です。
深田さんの後輩 持田さん
深田さんから
教わったことの中で、
特に印象深いことは
何ですか?

患者さんの食事内容について、医師から相談があったとき、複数の食事療法を提案される姿に驚きました。患者さんにとって何が最善なのかをいつも考えていて、知識を広げるために多方面の情報にアンテナを張っておられる姿を見習いたいです。

深田さんの
「ココがすごい!」と
感じることを
教えてください。

常に謙虚で、怒ったところを見たことがありません。話の聞き方や言葉づかいもていねいで、患者さんだけでなく、職場全体の雰囲気を和やかにしてくれます。忙しくてもピリピリせず、相手の立場や考えを尊重して話をできるところがすごい!と思います。

深田さんにとって、
持田さんってどんな人?
持田さんは、新卒ではじめての私の後輩。嚥下食の調理や見直しを手伝ってくれています。「患者さんに寄り添った食事」について、熱心に考えてくれるかわいい後輩であり、欠かせないパートナーでもあります。
※勤務歴などインタビュー内の情報は、2020年取材当時のものです。