1. TOP
  2. 医師・歯科医師(研修医)
高度な医療に挑戦しつづける職種のコト。高度な医療に挑戦しつづける職種のコト。
医師(研修医)
医師・歯科医師(研修医)
鳥大病院の
医師・歯科医師
(研修医)の特色
1
理想の医師へと
成長する上で必須の
「思考力」を育成

「良い医師」になるために必要な「思考力」を涵養すること。これが、鳥大病院が研修の中で大切にしていることです。あなたがどんな医師をめざしているとしても、必ず求められる「考えながら診療する」力を、ここで磨いてほしいと思います。

2
働きやすさトップクラス
を掲げる、研修医にも
安心な福利厚生
鳥大病院では研修医も常勤医として採用します。宿日直制度や救急科研修のシフト制勤務があり、手当ても別途支給されます。
3
多様な
ロールモデル
とともに勤務

本院では専門医を育成するプログラムが18領域で運用されており、指導医が多数在籍しています。研究会や学会を通じて国内外の医師と出会う機会も豊富です。自身がめざす医師像や必要なスキルを明確にしていくことができます。

研修内容

臨床研修プログラムについては、下記に掲載されている中から、研修医本人と研修センターとで相談しながら予定を決めていきます。個人の研修予定の作成にあたっては、それぞれがめざす専門性や将来像を最大限に尊重しています。また研修は、原則として研修医1人に対して指導医1人が対応して指導を行う「マンツーマン方式」で行います。

※研修開始時にオリエンテーションの一環として行われる「研修医プレローテーション」は全研修プログラム共通で10日間程度実施されます。服務・接遇・医療安全・感染予防・薬剤処方・電子カルテ講習などのほか、図書館オリエンテーションや救急講習会(JMECC:日本内科学会認定救急講習)を受講します。

鳥大病院の多様な研修
プログラム
自由選択プログラム 自由選択プログラムは、自由選択期間を39週取り入れ、関連基幹型病院とのたすきがけを含め、研修医の希望に沿うプログラムです。
外科専門プログラム
/ 精神科プログラム
/ 小児科系プログラム
/ 産科婦人科プログラム
/ 救急・集中治療医プログラム
それぞれ、将来的に外科医、精神科医、小児科医、産婦人科医、救急専門医をめざす研修医に最適なプログラムです。
関西たすきがけ
プログラム
1年目を関西の病院で研修を行い、2年目を鳥大病院で研修を行うプログラムです。
山陰たすきがけ
プログラム
1年目を山陰の病院で研修を行い、2年目を鳥大病院で研修を行うプログラムです。
実施期間・
研修先について

※関西たすきがけプログラムで1年目に研修可能な医療機関
北野病院、大阪警察病院、大阪労災病院、関西労災病院

※地域医療と一般外来研修の実施施設
日南病院・日野病院・江尾診療所・大山診療所・西伯病院・安来市立病院・隠岐病院・島前病院・奈義ファミリークリニック・雲南市立病院など

※山陰たすきがけプログラムで1年目に研修可能な医療機関
鳥取県立中央病院、鳥取赤十字病院、鳥取県立厚生病院、山陰労災病院、米子医療センター、松江市立病院、松江赤十字病院、島根県立中央病院、浜田医療センター、津山中央病院

基本的な勤務体系
病棟回診
カンファレンス
手術・術後管理
外来
病棟業務
検査など
8:30~17:00
時間外にカンファレンス、抄読
会、研修会等が入ります。
施設・設備
卒後臨床研修センター
広い研修医室を用意し、研修医1人1台の席とコンピュータ、研修医専用の休憩室、シャワー室など快適な研修期間を送れるよう、ハード面の整備にも力を入れています。
レジデントハウス

研修医専用の宿舎は格安の家賃で、病院にも徒歩10分圏内。警備会社による警備体制も整えるなどセキュリティ面も万全です。

レジデントハウス概要

戸 数 : 単身用24戸(1戸26.6㎡)
家賃等 : 使用料 月額25,000円、管理料 月額3,000円
ハウスクリーニング代1入居17,000円(3カ月を超える入居の場合に徴収)
その他 : カードキー、バストイレ別、浴室乾燥機、ウォシュレット、シューズクローゼット

※家具付きの部屋は月額2,000円加算

戸 数 : 単身用24戸(1戸26.6㎡)
家賃等 : 使用料 月額25,000円、管理料 月額3,000円
ハウスクリーニング代1入居17,000円(3カ月を超える入居の場合に徴収)
その他 : カードキー、バストイレ別、浴室乾燥機、ウォシュレット、シューズクローゼット
※家具付きの部屋は月額2,000円加算

よくある Q&A
  • 鳥取大学以外の出身だと、
    採用や処遇などにおいて
    不利になりませんか?

    全くありません。
    医師としての
    資質・志を
    持つ方の入職を、
    心よりお待ちしています。

    大学病院というと、出身大学による派閥や採用の偏りを心配される方も多いですが、鳥大病院において、そのようなことは一切ありません。実際、鳥大病院にはさまざまな地方・大学出身の医師や研修医が集まっており、それぞれの理想の医療を実現すべく、日々業務に取り組んでいます。「将来どんな医師になりたいか」「山陰地域の医療拠点として、鳥大病院はこの先どんな役割を担うべきか」そんな目標や想いを抱えて医師をめざす方、キャリアを積みたい方に、積極的に入職していただきたいと考えています。
  • 鳥大病院のチーム医療に
    ついて、
    具体的な取り組みを
    教えてください。

    低侵襲手術のハブ部門を
    立ち上げたほか、多種多様な
    専門医療チームを
    編成しています。

    もっとも特長的な取り組みとしては、低侵襲外科センターの設立が挙げられます。ここでは医師や技師たちが診療科の垣根を超えて、患者さんの負担が少ない低侵襲手術について最新の知見や術式について情報を共有。日々さまざまな治療を施しながら、ノウハウを蓄積しています。ほかにも医療現場で働く職員たちから自発的に生まれたチームが10種類以上あります。さまざまな専門チームを編成し、患者さんにもっとも適した治療を実践することで、医療の質向上に努めています。

  • 研修医の一日のスケジュールは
    どのようになっていますか?

    診察やカンファレンスへの
    出席などを、優先順位に
    応じてこなしていきます。

    一日のスケジュールとしては、外来・病棟患者の診察や、カンファレンスへの出席、発表に向けた文献検索、手技・手術への準備、当直などを、その後の予定も加味して優先順位をつけながら行います。研修内容やスケジュールは、指導医と相談して決めます。また研修期間中に、学会など病院外での勉強を行いたい場合、参加に伴う費用は病院側が負担。当直などシフトも事前調整が可能です。なお研修中に、一日あたり何人の患者さんの診察を担当するかは、診療科によって異なります。
先輩に聞く
「鳥大病院」が
めざす医師像
とは?
目の前の症状に
対処するのではなく、
原因を
考え抜いた上での治療を。
樋口 達也 (初期研修医)
“君の行為で、目の前の子どもが死ぬよ”小児科での研修の際、樋口さんは診察についた医師にそう言われた。「喉を腫らし、息が苦しそうな雰囲気が見られた。まず喉の状態を診ようと思い、口をあけてもらおうとしたところ、“いま喉に刺激を与えたら、腫れがひどくなって患者さんが死んじゃうよ?その他の所見も考えたら、そんな行動しないでしょ”」もともと小児科に苦手意識を持っていた樋口さんに、医師の言葉が突き刺さる。“見た目をよくするのではなく、原因を考えて治療しろ”。指導してくれた医師たちは、決まってこうアドバイスしてくれた。「救急でも同じです。患者さんの容態が急変するさなかでも、先輩医師は目の前の症状ではなく、常に原因を考え、次を予測して処置している」現在、樋口さんがめざしているのは心臓血管外科。医師の判断が患者の生死と直結する分野だ。対処ではなく、どんなときでも原因を考える。鳥大病院での経験一つひとつを糧に、樋口さんの医師としての覚悟は、日に日に強くなっている。
樋口さんの上司岸本さん
(心臓血管外科 助教)
樋口さんの
「ココが成長した!」と
感じるところを
教えてください。

初期研修医の頃は、例えば手術時にはただ見学しているだけの印象もありました。しかし後期研修医になってからは、数年後には自分が執刀するのだという意気込みからか、手術に臨む態度が変わり、自分も役に立ちたいという意志を感じるようになりました。

これからの樋口さんに
期待されている
ことは
何でしょうか?

一人前の外科医になるには、周囲の信頼を勝ち取ることが重要です。そのため、日々の仕事の中で自分のできることや、自信があることを少しずつ増やしていってほしいと思います。鳥取大学の心臓外科のホープとして、なくてはならない存在になってほしいです。

樋口さんにとって、
岸本さんってどんな人?
初期研修医のときから後期研修医の現在まで、ずっと指導医を務めていただいています。技術や判断の速さなど、多くの部分を学ばせていただき、自分が心臓血管外科医をめざそうと思うきっかけとなった先生です。
樋口さんの後輩 安田さん
樋口さんは
どんな先輩でしょうか?

忙しい現場にもかかわらず、私が分からない点や力不足な面を丁寧に指導してくださる優しい先輩で、これまで何度も頼ってきました。また非常に気さくで、現場以外のことにもよく相談にのっていただいています。私が外科に進もうとする背中を押してくださったのも、樋口さんでした。

樋口さんの
「ココがすごい!」と
感じることを
教えてください。

外科という肉体的にも精神的にも厳しい環境で、一つひとつの仕事をしっかりとこなしていく姿勢は見習っていきたいです。私自身も今後はさらに忙しく、手術を覚える以外にもさまざまな仕事を抱えることになるので、いまから樋口さんの働き方を見て学んでおきたいと思っています。

樋口さんにとって、
安田さんってどんな人?
現在ローテートで、心臓血管外科での研修を受けている研修医1年目の後輩です。外科医を目指しており、現場の疑問を細かな部分まで質問をしていたりするなど、自身の成長に貪欲で、優秀な後輩です。
※勤務歴などインタビュー内の情報は、2020年取材当時のものです。