• レジデント
  • 看護師
  • コメディカル
  • 海外研修記
  • 今年のとりだい
  • ワークライフバランス支援センター

薬剤師

  • 島田美樹

    島田美樹
    教授・薬剤部長

    思いやりを持った若き科学者に期待します。

    患者さんや医療従事者から、薬剤師の臨床現場での活躍に多くの期待が寄せられています。他職種が関わるチーム医療や地域医療には、薬剤師の「科学者としての力」が必要です。そのために、私たち薬剤師は、生涯研鑽を積まなければなりません。地域の拠点病院の薬剤師として、一緒に学び、働く若者に期待します。

基本方針

私たちは薬剤師の立場から、医療の実践、医療に関わる教育・研究を推進し、地域の人々と健康の喜びを共有します。

  1. 安全で有効かつ高度な医療の実践に貢献します。
  2. 資質と探究心に優れた薬剤師を育成します。
  3. 地域薬剤師と連携し、質のよい地域医療環境の実現を目指します。

高度な医療又は特徴的な医療

患者さんに安全で安心な医療を提供するために

  • 個々の患者さんに適した薬物療法の提供
  • NICUやICUでの高度薬学的管理
  • がん化学療法のレジメン管理と安全管理の実施
  • 医薬品情報の管理と患者さんや医療従事者への提供
  • 院内特殊薬品の調製と臨床評価
  • 血中濃度モニタリングに基づいた薬物療法の適正化
  • DMAT隊員として災害医療への参画

を行っています。

独創的な新入職員研修プログラム

臨床現場で実践力のある薬剤師を育成するため、入職時から病棟業務を取り入れた研修プログラムを用意しています。

高度な医療又は特徴的な医療

  • 患者の不利益回避を目的とする薬剤業務
  • 重症病棟での高度薬学的管理
  • 薬学的管理による良質な薬物療法の提供
  • がん化学療法のレジメン管理と安全実施
  • 安心安全医療のための医薬品情報管理と提供
  • 院内特殊製剤の調製と臨床評価
  • TDM解析と薬物の適正使用

附属病院HP内の部門ページへ

施設・設備

  • 医薬品情報検索システム
  • 病院情報データ検索/分析/活用ソリューション
  • 薬剤管理指導業務支援システム

診療情報から必要な情報を抽出して医薬品の適正使用に貢献します。

  • がん化学療法レジメンチェックシステム
  • がん化学療法用注射薬調製室
  • 無菌調製室

がん化学療法や院内無菌製剤を調製し、情報提供と臨床評価を行います。

  • 散薬・水薬調剤鑑査システム
  • 薬剤情報提供システム
  • 自動注射薬払い出しシステム
  • 麻薬管理システム
  • 医薬品ロット番号在庫管理システム

効率よい正確な調剤と医薬品管理を行います。

  • 薬物体内動態解析システム

血中濃度測定、解析、推奨処方を提案し、医薬品の適正使用に貢献します。

  • 薬剤部専用
  • イントラネットシステム部員室視聴覚システム

全職員が情報を共有し、円滑な業務遂行と学術向上に努めています。

チーム医療を支える薬学のスペシャリストに

トレーナーを配置し新人スタッフを徹底サポート

鳥大病院の薬剤部は、調剤などの従来の中央業務に加え、薬品情報提供、病棟業務、患者指導などを主な業務として行っています。薬も日々新しいメカニズムのものが出てくるなか、薬学のスペシャリストとしての情報を常に持ち合わせ、チーム医療の重要な一端を薬剤師が担っているという意識で、仕事に臨んでいくことが大切になってきます。

入職1年目の新人スタッフには、最初から中央業務と病棟業務を並行して行わせ、半年後には一人で当直業務ができるように研修体制を組んでいます。いつでも気軽にわからないことを相談できるように、入職5年前後のトレーナーを配置し、毎日その日の業務を振り返り、その日のうちにフィードバックしていくことを徹底して行っています。トレーナーは指導面ばかりではなく精神面でのサポート役にもなっていて、新人スタッフからは「常に先輩に相談できる環境でやりやすい」という声をよく聞きます。また、研修期間を過ぎてからも、継続してフォローを続ける体制づくりも進めており、職場全体で互いをサポートする雰囲気が鳥大薬剤部には流れています。

知識を深めスキルを高める“学び"の現場

大学病院は診療科が多く、基本的な疾患を満遍なく学べると同時に、複雑な症例を含めて最先端の医療と常に関わっていく使命があります。大学で学んだことをベースに臨床の現場でさらに知識を深め、スキルを高めていく環境にあることも大学病院ならではといえます。

また、資格取得のための研修会、学会等への参加も鳥大病院は積極的に奨励しています。そのための費用面の支援や、時間的調整の配慮もあり、キャリアアップを目指す人への大きな後押しになっています。現在、鳥大薬剤部には7名の専門・認定薬剤師がいます(2015年2月現在)。スキルを高めたいという人にとっては、身近なロールモデルの存在は、向上心を刺激し、自分の進むべき道の指針となってくれるでしょう。

若い世代が活躍するチームワーク抜群の現場の雰囲気

私は鳥大病院に2014年に着任したのですが、部署内の雰囲気がとても良く、とにかくスタッフ同士仲がいいというのが最初の印象です。現在、男女比は、ほぼ半々で20代~30代前半の若いスタッフが中心ですので、仕事を離れての交流も盛んです。薬剤部の野球チームもあり、学内対抗試合を行うなど活発に活動しています。オンオフを切り替え、職場とは違った先輩や同僚との交流を積極的にもつことが、鳥大薬剤部の魅力のひとつであり、チームワークの原動力にもなっています。