医療の進歩と変化に対応できる看護を提供する

院内発症脳卒中に関する勉強会

今年度、当院では脳卒中ワーキンググループが発足し、院内発症の脳卒中患者さんに対し早期診療ができるシステムを構築しました。入院中の患者が脳卒中を発症した場合、第一発見者になる可能性が高い看護師は、症状の観察やアセスメント、脳卒中専門科への早期連絡、早期治療開始にむけて初期対応をする必要があります。現在、脳卒中ワーキンググループの脳神経内科:柴田曜医師、脳卒中リハビリテーション看護認定看護師:中本美先さんが、院内発症脳卒中に関する勉強会を各部署において開催しています。

院内発症脳卒中勉強会   院内発症脳卒中勉強会