医療の進歩と変化に対応できる看護を提供する

床ずれ予防の日イベント

 10月20日は床ずれ予防の日、11月21日は世界褥瘡予防デーです。「床ずれ」は、医療現場で褥瘡(じょくそう)と言います。ベッドや車椅子などと皮膚が接触する部位に、圧力やずれが加わることで、血液の流れが悪くなります。すると、皮膚やその下にある組織がダメージを受けることにより傷(褥瘡)ができます。褥瘡は重症化してしまうと、死に至ることもありますが、適切な予防によって発生を防ぐこともでき、万が一発生しても、適切な治療・ケアによって改善することも可能です。
 今回、当院でも床ずれに対する理解を深めていただくため、床ずれ予防マットレスなどの体験コーナーを設けたり、床ずれの予防の基本やおむつのあて方などのミニミニ講座を開催し情報発信を行いました。当看護部では、各部署でスキンケアの担当者を決め褥瘡の発生予防に努めています。

床ずれ予防イベント   床ずれ予防イベント
   床ずれ予防イベント  床ずれ予防イベント