医療の進歩と変化に対応できる看護を提供する

病棟8階Bの取り組み ~食べる楽しみへの援助~

 耳鼻咽喉科・頭頸部外科では、がん治療の影響で十分な栄養を取ることができず、薬品の捕食を使用している患者さんは少なくありません。味は3種類採用されていますが、長期飲用すると飽きてしまうという声や、嗜好の問題などでなかなか十分量を飲めていない状況があります。
 そこで、病棟8階Bでは、一番多く処方される「エンシュアリキッド」に工夫をすることで、飲用量を増やすための取り組みをしています。

 8Bエンシュアレシピ

 

 8Bエンシュアレシピ

☆外来通院中の患者さんのもレシピ集をお配りし、自宅でもおいしく食べていただけるように働きかけています。