医療の進歩と変化に対応できる看護を提供する

全病棟カートドッグ『電源ピット』の導入

 2017年7月7日の記事でもご紹介した(記事について詳しくはhttps://goo.gl/Dz5VCSカートドッグ『電源ピット』を全病棟導入しました。

電源ピット
最大6台の収容が可能 
 電源ピット
ラウンドでパソコンが出ている状態

 乱雑になりがちであったスタッフステーションのパソコン周辺環境が、電源ピット導入によりスッキリし、特にラウンドでパソコンが出ている状態では、とても広々としています。わずらわしい電源コードの絡まりも解消され、乱雑に置かれがちだったパソコンも整頓されてきれいに配置され、気分もリフレッシュし業務にあたることができるようになりました。