医療の進歩と変化に対応できる看護を提供する

手術看護オープンスクール

手術看護オープンスクールの内容についてご紹介します。

スクールの概要

鳥取大学医学部附属病院手術部では、麻酔介助をはじめとし、診療科ごとのチーム制による手術介助を実践することで、根拠に基づくより質の高い手術看護の提供を目指している。こうした活動を、多くの手術に携わる看護師と共有し深めることで、さらに質の向上をはかっていくことを目的として、他施設の手術に携わる看護師の手術部見学や体験を積極的に受け入れる活動を行う。以て、鳥取県全域の手術看護の質の向上に寄与する。



内容・時間

  1. 具体的内容
    下記の項目に関する見学・体験・講義(選択可能)
    内容は申し込み者の希望及び担当者(手術部副師長)と詳細な打合せのうえ決定する
  2. 体験時間及び日数
    希望内容により担当者(手術部副師長)と打合せのうえ決定する
    最短半日、最長5日間とする
  3. 場所:
    鳥取大学医学部附属病院手術部内
  4. 参加費:
    無料
  5. 参加条件:
    鳥取県内の医療施設で手術看護に携わる看護師
    手術室勤務経験のある看護師

※申し込み期限は設けておりません。随時受講可能です。
※個人情報保護に関する誓約書にサインしていただきますので印鑑を持参ください。 



見学・体験・講義項目(選択可能)

  • 各小項目の講義は30分~1時間とするが、申し込み者の希望によっては、それ以上の時間を要する可能性があるため、申し込み時の詳細な打合わせにて所要時間を決定する。
  1. 術前外来及び看護計画と評価(担当:前田延子)
    1. 外来での術前介入および術前術後訪問
    2. 情報収集とその分析
    3. 看護計画立案とその評価
  2. 麻酔診療の介助(担当:小松原靖子)
    1. 全身麻酔(麻酔導入・気管挿管・覚醒抜管)
    2. 硬膜外麻酔
    3. 脊髄くも膜下麻酔
    4. 局所麻酔
    5. 各種モニターに関すること(心電図・血圧・パルスオキシメーターなど)
    6. 体温管理
  3. 安全の確保(担当:宮田麗)
    1. 手術体位による障害の予防(循環器系・呼吸器系・骨格系・神経系・皮膚組織系)
    2. 事故防止(各種手術器械・手術アイテムの体内遺残防止)
    3. 感染防止(手術器械の正しい滅菌・無菌操作・ガウンテクニック)
    4. 患者誤認防止
    5. 手術部位確認(タイムアウト等の実際)
  4. 手術治療の介助(担当:小松原靖子)
    1. 病態生理・術式の理解
    2. 手術に必要な器械・アイテムの準備
    3. 手術中の器械出し介助(各診療科別選択可能)
  5. 手術器械の洗浄(担当:渡部和世)
    1. 洗浄の定義
    2. 洗浄効果と必要性
    3. 洗浄の留意点(用手洗浄・器械洗浄・特殊器材の洗浄など)
    4. 洗浄機の日常管理について
  6. 滅菌(担当:渡部和世)
    1. 滅菌の定義
    2. 滅菌方法(高圧蒸気滅菌・過酸化水素低温プラズマ滅菌・酸化エチレンガス滅菌)
    3. 滅菌物の取扱いの注意点(保管管理含む)
  7. 消毒(担当:渡部和世)
    1. 消毒の定義
    2. 消毒薬の基礎知識

※手術部関連する事項について希望される項目があれば対応可能とする。



参加申し込み方法

  1. 申し込み者は、病院ホームページより「手術看護オープンスクール申込用紙」及び「オープンスクール受入申請書」をダウンロードする。
  2. 必要事項を記入後、鳥取大学医学部附属病院手術部オープンスクール宛に送付する。
  3. 用紙を受け取った手術部副師長は、申し込み者に電話連絡をとり、具体的な日程・内容を決定する。

〇下記用紙をダウンロードしてご使用下さい
↓クリック



上記内容についての問い合わせ先・申請書の送付先

手術部副看護師長  小松原靖子 渡部和世 前田延子 宮田麗

〒683-0826 米子市西町36‐1
鳥取大学医学部附属病院 手術部
TEL:0859‐38‐6832
窓口時間8:30~17:00

手術介助 手術介助
全身麻酔の介助 安全な手術体位の提供
洗浄時の留意点