鳥取県の医療

鳥取県の医療の状況

鳥取県の医療体制

二次
保健医療圏
面積
(km2)
人口
(人)
病院数 診療所数 救急医療体制
救命救急
センター
救急告示
医療機関
休日急患
診療所
東部 1,518.21 225,081 14 195 1
  • 鳥取市 1
6
  • 鳥取市 4
  • 岩美郡 1
  • 八頭郡 1
1
  • 鳥取市 1
中部 780.43  99,935 10 84 - 3
  • 倉吉市 3
1
  • 倉吉市 1
西部 1,208.49 230,647 19 223 1
  • 米子市 1
9
  • 米子市 5
  • 境港市 1
  • 西伯郡 1
  • 日野郡 2
2
  • 米子市 1
  • 境港市 1
合計 3,507.13 555,663 43 502 2 18 4
  • 二次保健医療圏:比較的専門性の高い保健医療活動が完結できる区域
  • 面積:令和元年7月1日時点
  • 人口:令和元年10月1日時点(推計人口)
  • 病院数:令和元年10月時点
  • 診療所数:令和元年11月時点
  • 救急医療体制:令和元年11月時点

地域ごとに各分野が連携

救急車のたらい回しはない

救急車のたらい回しはない

鳥取県の特徴

各2次保健医療圏のバランスがよい。

保健医療圏ごとの人口・面積に極端な偏りはない。
極端なへき地はほとんどない。

各2次保健医療圏に中核的な病院があり、まとまっている。

保健医療圏内で通常の医療は完結。
地区医師会、消防局が保健医療圏と一致

市部(県北部)への集約化が進展している

中山間地の医療は主に町立の病院や診療所が担う。
(民間医療機関の数が少ない)

市部と郡部の連携、圏域内での病院間の連携、役割分担が重要

医師数の推移

医療施設(病院・診療所)に従事する医師数の推移

医師数(実数)

医師数(実数)折れ線

H8を100とした場合の医師数

H8を100とした場合の医師数

平成30年厚労省調査において医師数が増加

人口10万人あたり医師数

医療施設の従事医師数(人口10万人あたり)

鳥取県全国7位

圏域別医師数

医師数(実数)
医師数(実数)
人口10万人あたり医師数(単位:人)

人口10万人あたり医師数2

県内においては、西部地域の医師数が多い。(大学病院が所在)

人口10万人あたり医師数では、東部、中部、西部(大学病院除く)とも全国平均以下

世代別医師数

鳥取県の病院や診療所の医師数の推移(年代別)

  年代別
 

年代別でみると、60歳代の医師が増加しており平均年齢も高くなってきている。30歳代の医師は減少が続いている。

初期臨床研修マッチング

研修病院の研修医募集数とマッチ者数

研修医募集数とマッチ者数

平成16年度の「新医師臨床研修制度」導入以降、初期臨床研修医が減少していたが、近年持ち直しの傾向がみられる。