Division of Orthopedic Surgery, Department of Sensory and Motor Organs,
School of Medicine, Faculty of Medicine,Tottori University

奥野優

治療して痛みが良くなる皆様を見ることにやりがいを感じる

平成29年度入局の奥野優と申します。

私は鳥取大学医学部を卒業後、松江市立病院での研修を終え、鳥取大学整形外科に入局しました。元々父の影響から、子供の頃から整形外科医を志してはいましたが、研修医時代には内科医への道も考えた時期もありました。そんななか整形外科医を選んだ決め手としては、手術前に痛みのせいでまともに歩けなかった方が、術後に痛みが取れ、リハビリを続けるうちに目に見えて良くなっていくという経過を目の当たりにしたことでした。

整形外科医になった当初は、手術を行って痛みが良くなる皆様を見ることにやりがいを感じていましたが、外来診療にも携わるうちに、手術を希望されないかたに対して、内服薬や注射、運動療法の指導など、様々な保存療法で痛みが改善していく皆様を診ることにも、喜びを感じられるようになってきています。

現在私は鳥取大学整形外科に社会人大学院生として所属し、臨床業務を行いながら動物実験などの研究業務にも携わっております。私自身決して要領の良い方ではありませんが、指導医の先生、同僚に恵まれ、臨床と研究の両立を続けることができています。

鳥取大学整形外科はスタッフ数こそ、他の大学に比べて多くないものの、スタッフ間の距離は近く、コミュニケーションは密に取れているのではないかと感じています。自身で経験できる症例数も多いですが、カンファレンスも数多く行っており、症例の共有も含めてかなり内容の濃い研修ができると考えています。

新生児から高齢者の方まで、診断から治療を一貫して行える診療科はなかなかないと思います。進む診療科に悩んでおられる先生方は是非一度鳥取大学整形外科を考えてみてください。皆さんと一緒に働けるのを楽しみにしています。