ロボット支援副腎摘出術

診療科 泌尿器科
英語術式名 RA(Robot-assisted adrenalectomy)
保険適用
適応 クッシング症候群、原発性アルドステロン症、褐色細胞腫、非機能性副腎腺腫、副腎癌、転移性副腎腫瘍など

適応疾患の症状

良性腫瘍

  • クッシング症候群
    症状:満月様顔貌、中心性肥満、高血圧、高血糖、筋力低下など
  • 原発性アルドステロン症
    症状:高血圧、低カリウム血症、脱力など
  • 褐色細胞腫
    症状:高血圧、頭痛、発汗、吐き気、動悸など
  • 非機能性副腎腺腫
    症状:多くは無症状であるが、4cm以上では摘出を推奨

悪性腫瘍

  • 副腎癌、転移性副腎癌
    症状:無症状~様々



術式の概要

側臥位にてダビンチをドッキングし、ロボット手術開始(図1)
手術時の体位(左側の場合)
図1 手術時の体位(左側の場合)
ここで掲載している動画は、実際の手術映像となります。このような動画や写真で、気分が悪くなる可能性のある方は、お気をつけください。
  1. 腹膜を切開して、後腹膜腔の副腎を確認する
  2. 膵臓や脾臓を副腎から剥離する
  3. 副腎静脈を切断する
  4. 副腎周囲の栄養血管を含む脂肪組織を切断する
  5. 回収バックに収納して体外へ摘出する
  6. 閉創
手術の流れ 図2 手術の流れ(新Urologic Surgeryシリーズ4 メジカルビュー社より引用改変)



長所・患者のメリット

  • 自由度の高い手術用鉗子や3次元画像により、繊細で安全な手術操作が可能
  • 術中出血量の減少、手術時間の短縮、合併症の減少などが期待できます
  • 海外では以下の患者さんへの有用性も報告されています
    • 比較的大きな副腎腫瘍の患者
    • 太った患者
    • 腹部手術歴のある患者

実績

令和2年7月までの実績:2件