ロボット支援腎摘除術

診療科 泌尿器科
英語術式名 RARN(Robotic-assisted Radical Nephrectomy)
保険適用
適応 腫瘍が腎臓周囲の臓器や大血管に浸潤していない腫瘍がロボット支援腎摘除術の適応となります。腎部分切除術の適応がある場合には部分切除を行います。今後下大静脈腫瘍塞栓などの難易度の高い腫瘍にも適応を拡大してく予定です。

術式の概要

ここで掲載している動画は、実際の手術映像となります。このような動画や写真で、気分が悪くなる可能性のある方は、お気をつけください。

腎臓に腫瘍を認めた場合、腎臓を全部摘出する腎摘除術と腫瘍とその周囲を摘出する部分切除術があります。ロボット支援腎部分切除術は本邦でも保険適応となっており、当院でも数多く施行しております。従来より腎摘除術は開腹や腹腔鏡下におこなってきましたが、さらに低侵襲かつ安全性の高い腎摘除術を目指しロボット支援腎摘除術を開始しております。
体位は側臥位で手術を行います。腹部には4本の内視鏡用トロカーを留置して、手術を行います。

手術時の体位(左側の場合)

長所・患者のメリット

腹腔鏡手術は開腹手術と比較して、おなかを大きく切開する必要がないことが最大のメリットです。ロボット手術では、さらに高解像度の3D画像を見ながら、人間の手の関節以上の高い関節自由度を持つロボット鉗子を用いて手術を行うことで、精密な切開や縫合を素早く行うことが可能となります。

 

  利点 欠点
(開放)
腎摘除術
  • 手術の視野が広い
  • 人間の手で臓器を触りながら手術ができる
  • 医師にとっては比較的慣れた手術操作である
  • 広い視野であるが、腎血管を処理する部位は深く、腫瘍の大きさや位置によっては手が届きにくい場合がある
  • 創部が大きいため、創部の痛みや傷が目立つ
鏡視下
腎摘除術
  • 手術部位を拡大した視野でみることができる
  • 出血量が少ない
  • 創部が小さく、痛みが少ない
  • 術後回復が早い
  • 高度な手術手技を必要とする
  • ロボットと比較して繊細な手術操作が難しい
ロボット支援
腎摘除術
  • 3D拡大視野で立体的に臓器を確認して手術ができる
  • 腹腔鏡手術より、剥離操作が正確に、より容易く行える
  • 出血量が少ない
  • 創部が小さく、痛みが少ない
  • 術後回復が早い
  • 臓器を触る触覚がない
  • 鉗子の動きや臓器との位置関係を認識するのに、医師はある程度の経験を必要とする
  • 手術に関わる費用が高価である
  • 鏡視下手術より手術時間が長くなる

 

実績

令和2年4月末までの実績:1