講演・イベント・セミナー 開催情報
MENU

シンポジウムを終えて(開催報告)


平成29年6月4日(日)、 東伯郡北栄町にあります『610キッチン』において、

「難病の子どもと家族の地域生活支援」シンポジウム
難病の子どもと一緒に遊ぼう!〜遊びを通して子どもへの支援を考える〜

を開催し、関係者ら約80名の参加がありました。



当日は、Rie Child Support 作業療法士 引野里絵先生をお招きし、
ミニレクチャー「発達がゆっくりな子どもと遊ぶ 遊びを見つける・広げるコツ」をテーマに
理学療法士の立場から、子どもの好み・動き・反応を知るための視点や、
子どもの「好き」「もっと」を一緒に楽しむ大切さについて講演いただきました。



講演後は、引野先生を中心に、
子どもたちと遊具やシーツなどの手軽に用意できる物で工夫を凝らすなど、
遊びのコツを得る時間が設けられました。



さらに、ワールドカフェでは家庭やデイサービスでできる遊び方、
子どもたちへの支援について活発な話し合いが行われ、
参加者は多様な意見に触れることで、お互いの理解を深めながら、
さまざまな気づきや知識を得る機会となりました。

この度のシンポジウムも皆様のお力添えにより無事盛会で終えることができました。
参加者の皆様をはじめご協力いただいた皆様、
本当にありがとうございました。