お知らせ&新着情報
MENU

『小児在宅支援センター』終了のお知らせ

『小児在宅支援センター』は令和2年3月31日をもって終了いたします。
平成31年4月に鳥取県西部圏域の難病の子どもと家族を支える地域連携ハブ拠点「博愛こども発達・在宅支援クリニック」が開設されました。令和2年4月には鳥取県東部圏域の地域連携ハブ拠点が開設されます。
小児在宅支援センターが担ってきた役割である、難病の子どもと家族の地域生活を支援するための人材育成の役割は「地域連携ハブ拠点」に移行いたします。また、子どもに関わるあらゆる職種との連携・支援については、鳥取大学医学部附属病院の入退院支援・外来継続支援、地域の医療・福祉・保健・教育等に関わる人たちとともに、急性期医療から回復期医療そして在宅医療への移行をより良いかたちで行うことができるよう、これからもチームとして支援してまいります。

今日まで、『小児在宅支援センター』とともに難病の子どもと家族の支援に関わってくださり、心より感謝いたします。これからも、子どもたちが元気よく笑顔で育っていくこと、ご家族も笑顔で社会生活を送ることができることを願っております。