産婦人科の先生方へ

NIPT検査について

鳥取大学医学部附属病院のNIPT検査は、日本医学会の認定を受け2016年3月より臨床研究として実施いたします。本検査をご希望の妊婦さんがおられましたら、遺伝子診療科へご紹介ください。

尚、本検査は誰でも受けることができる検査ではありません。妊婦さんには自己チェックシートを確認した上で、先生にご予約をお願いしていただくようホームページでご案内しております。

初回遺伝カウンセリングでは検査に関する説明を行い、採血は翌日以降となります。遺伝カウンセリングを受けたら必ず検査を受けなければならない、というわけではありません。妊婦さんに上記についてあらかじめお伝えいただきますようお願いいたします。

本検査は臨床研究で行うため、妊娠中および出産後の転帰を確認させていただきます。ご紹介いただいた先生には、分娩結果の報告をお願いします。NIPT検査を受けられなかった(採血しなかった)妊婦さんに関しても、出産後の状況の確認をさせていただきます。何卒ご協力のほどお願いいたします。

 

1.NIPT検査の対象者

以下のいずれかに該当する妊婦さんが対象です。

  • 出産予定日の年齢が35歳以上である
  • 今回の妊娠で、超音波検査や母体血清マーカー検査により、胎児が21、18、13トリソミーのいずれかの染色体異常に罹患している可能性がある
  • これまでの妊娠・分娩で、児が上記のいずれかの染色体異常であった
  • ご夫婦のいずれかが、上記の染色体異常の児を得る可能性が高くなる染色体を持つ(ロバートソン転座保因者)

以下のいずれかに該当する妊婦さんは対象外となります。

  • 胎児異常が証明されている
  • 両親のいずれかが21・18・13トリソミー以外の染色体異常症の保因者である(転座など)
  • 多胎妊娠である

高年妊娠で出生前検査を受けようか悩んでいる妊婦や、21・18・13トリソミー以外の染色体異常症に関するご相談も、お受けしています。(予約方法は、2.紹介の手順をご参照ください) 鳥取大学医学部附属病院 総合診療外来へお電話にてご予約ください。
Tel: 0859-38-6692(平日9:00~16:30)

 

2.出生前検査の遺伝カウンセリングへの紹介の手順

1) NIPT検査の方(受ける可能性がある方を含む)は妊娠8週0日~12週6日まで(遺伝カウンセリングを13週6日までに実施する必要があるため)にFAX予約をお願いいたします。

2) 羊水染色体検査の遺伝カウンセリングの方は、15週6日までに遺伝カウンセリングを受けることができるように、ご予約をお願いします。
 
3) 下記の日程のうち、ご夫婦揃って来談可能な日時をFAX予約用紙(鳥大病院専用書式)にご記入の上、診療情報提供書―鳥大病院出生前診断遺伝カウンセリング専用書式―を添えてFAXにてご送付ください。

火曜日 10:30/13:30
第1・3・5水曜日 10:30/13:30
第2・4水曜日 10:30
木曜日 10:30/13:30

    FAX予約受付:0859-38-6960(平日9:00~16:45)

予約枠には限りがあるため、一杯になった場合は予約をお受けできません。

 

3.予約日時が決まりましたら、FAX受付担当者よりご連絡いたします。

予約の当日は、当院外来ロビーのFAX予約専用受付にお越しくださいますよう、ご案内をお願いいたします。

お問い合わせ

ご不明な点がありましたら、鳥取大学医学部附属病院 遺伝子診療科(総合診療外来)までご連絡ください。
Tel : 0859-38-6692(平日9:00~16:30)