• レジデント
  • 看護師
  • コメディカル
  • 海外研修記
  • 今年のとりだい
  • ワークライフバランス支援センター

視能訓練士

正確な検査が適切な治療につながる。

  • 石田博美

    石田博美
    視能訓練士

    皆様の大切な目の健康を守るお手伝いをしています。

    視力、視野、屈折、調節、色覚、光覚、眼圧、眼位、眼球運動、瞳孔、涙液、涙道などの検査の他に、超音波、電気生理学、写真の撮影などを行っています。眼科診療チームの一員として迅速な検査、正確な結果をモットーに、乳幼児からお年寄りまで世代を超えて、皆様の大切な目の健康を守るお手伝いをしています。 また、3歳児検診にも参加し地域医療に貢献しています。

基本方針

「視能管理のエキスパート」として、専門職としての知識や技術を駆使し、高い職業倫理を持ち、良質な医療を安定的に提供し、地域の方々と健康の喜びを共有します。 また、地域医療の中核として、最新の知識や理論に基づいた技術を自己研鑽し、次世代を担う人材を育成します。

眼科の特徴

山陰の中核病院として最新の検査機器がそろっています。特に角膜、網膜、斜視弱視外来では県内外からたくさんの患者さんが来られます。そのため常に新しい知識、技術、手技を身に付けるべく、学会、講習会、研究会にはできるだけ参加し、また発表などにも力を入れ、生涯教育に取り組んでいます。

眼科の現場 座談会

視能訓練士 インタビュー

  • 視能訓練士
    平中裕美(10年目)
  • 視能訓練士
    平木裕美(6年目)
  • 視能訓練士
    久岡亜沙未(1年目)
  • 視能訓練士
    橋本恭平(1年目)

面倒見の良さは眼科の伝統

鳥大病院眼科では現在6人の視能訓練士が業務にあたっています。鳥大病院眼科史上初の男性視能訓練士として採用された橋本さんも加わって、日々の仕事のこと、鳥取での暮らしのことなどを語ってもらいました。

― 鳥大病院を選んだ決め手は?
橋本
僕は大阪出身ですが、両親が鳥取出身なので鳥取とは縁があったのですが…。鳥大病院で視能訓練士を募集していると聞いて最初に見学に来たとき、すごいアットホームな感じで迎え入れてくださったのが強烈な印象で残っています。ほかの病院も色々見てきましたが、鳥大みたいに見学の段階で現場のみなさんが声をかけてくれて、親身になって色々話を聞いてくださるのは初めてだったので、自然に入っていきやすい空気感が決め手になりました。
久岡
私も見学のときに「わからないことがあれば何でも聞いてね」とフレンドリーに声をかけていただいて、一気に緊張がほぐれたことを覚えています。
― 職場の雰囲気はどうですか?
平中
職場の雰囲気はすごくいいですよ。これ、自慢です。ほかの科を知りませんが、たぶん、うちが一番(笑)、それくらいに思っています。
橋本
先輩たちみなさんに、本当に良くしていただいています。僕は視能訓練士の中で唯一の男ですけれど、居心地が悪いとか思ったこともないですし、食事のこととか生活面のことも色々気にかけてくださって、人間関係で悩んだことはまったくないです。平中さんには久岡さんと一緒に、入職早々、大山登山にも連れて行ってもらいました。
平中
私自身が岡山県出身で、最初の頃、新生活に慣れなかったり、車がなくて行きたいところに行けないとか、苦労した経験があって、そのとき先輩とか、先生とかに自分がやってもらって嬉しかったことを受け継いでやっているっていう感じですね。だから今度は橋本くんや、久岡さんが入ってくる後輩にやってあげる番になるのかなと思っています。

視能訓練士は家庭と両立しやすい職種

― ワークライフバランスについて
平木
私は昨年結婚したのですが、視能訓練士6人中3人が既婚者です。
平中
私が入った10年前は、視能訓練士が2人しかいなくて、物理的になかなか休みをとることが難しかったかもしれないですけど、いま鳥大ではワークライフバランスを推進しているので、ぜひ平木さんには道を作っていただきたい。
平木
そうですね。視能訓練士は外来のみで夜勤とかもなく、わりと家庭と両立しやすい職種でもありますので、今後、出産とかしたときに後に続けるよう道を作っていきたいなと思っています。
― 後輩へのメッセージ
平木
結婚して、出産を経て仕事を続けている先輩が多い職場ですので、自分自身もそうなりたいとイメージしている人にとってはいい環境だと思います。産休・育休制度もしっかりしています。
平中
大学病院ですので、眼科だけでなく全身疾患に絡んだ症例に色々あたります。そのぶん日々勉強をし続けなくてはいけませんが、大学病院だからこそ学べることがたくさんあるので、学びたいという人にとってはいい場所だと思います。
久岡
ドクターは私たち視能訓練士が検査した結果を見て、治療を考えていかれるので、たくさん学びながら検査技術も磨いて、信頼性の高い正確な検査結果が出せるようになるのが今の私の目標です。目標となる先輩たちがいて、みなさんとても親身になってアドバイスをしてくれる環境ですので、スキルを磨き続けたいという人はぜひトライしていただきたいと思います。