• レジデント
  • 看護師
  • コメディカル
  • 海外研修記
  • 今年のとりだい
  • ワークライフバランス支援センター

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士

患者さんと共に一歩ずつ前向きに。

  • 山川隆

    山川 隆
    リハビリテーション部療法士長

    自由に勉強、手技、技術の獲得ができ、知識、技術を共有できるよう配慮します。臨床業務においては、多忙な時もありますが、相互理解と助け合いが大切と考えております。あなたの熱意と思いやりを生かせる職場です。共に歩みましょう、患者さんとご家族、そして、チームの仲間と。

基本方針

リハビリテーション部は、受傷後、手術後からの早期リハビリテーション介入を基本とし、患者さんと、そのご家族を中心として、医師、看護師等コメディカルスタッフとの連携を密としたチームリハビリテーションを行っていきます。
さらに、患者さんの生活と将来を見据えた地域医療へと連携してまいります。
また、臨床業務のほかに、研究と研鑽に基づいた専門性を追求し、後継者を育てていきます。

臨床業務について

研修期間は基礎から他部門にわたって広く患者さんにかかわっていただき、経験値とセラピストの興味に合わせて専門性を高めていけるよう、サポートいたします。
業務量は状況に合わせ、可能な限り調整してまいります。

研究、技術、手技について

勉強会、研修、学会参加は、できるだけ希望に沿い、サポートしてまいります。また、技術、手技の伝達、研鑽も積極的に行っていきます。

高度な医療又は特徴的な医療

  • 整形外科疾患に対する理学・作業・言語聴覚療法
  • 脳血管障害に対する理学・作業・言語聴覚療法
  • 神経・筋疾患に対する理学・作業・言語聴覚療法
  • 呼吸器疾患に対する呼吸理学療法
  • 循環器疾患に対する心大血管リハ
  • 運動発達障害に対する理学・作業・言語聴覚療法
  • RAに対する理学・作業療法
  • がん患者へのリハビリテーション

附属病院HP内の部門ページへ

施設・設備

  • トレッドミル装置
  • 立位練習機
  • 圧力分布測定装置
  • 重心動揺計
  • 昇降式訓練用キッチンシステム
  • 高次機能訓練器具
  • パラフィン浴
  • 徒手筋力計
  • 筋硬度計
  • 筋電図装置
  • モニタリングシステムに連動したエルゴメータ

インタビュー

感謝の言葉が仕事の活力!

リハビリテーション部 インタビュー

  • 先 輩
    仲田 享平
  • 後 輩
    石田 茜
 
Q.仕事の内容は?
石田
東京の病院で1年間勤め、平成25年から鳥大病院で勤務しています。私は米子市出身なので言葉にも馴染みがあり、患者さんと接しやすいです。また職員間の仲も良く、とても働きやすい職場です。リハビリテーションの中では整形外科班、脳血管障害や神経・筋疾患班、内部障害班の3班があり、新人は1年かけて班をローテーションし、さまざまな疾患に対応できるよう経験を積んでいます。今は内部障害班として、病気が発症して直ぐの方や、手術直後の患者さんと接して、動き方を練習したり、早期の離床を促したりして、日常生活に復帰するお手伝いをしています。患者さんから「リハビリをして動きやすくなったよ」「リハビリの時間が楽しみだ」と言ってもらえることがとても嬉しいです。
仲田
確かに「ありがとう」と言ってもらえることが多い仕事だと思います。感謝してもらえると、これからの励みになります。
 
Q.勉強会などありますか?
仲田
以前は境港市の病院に5年勤め、鳥大病院に来て1年になりました。以前の職場と違うところは、ここは「大学病院」なので、さまざまな疾患の方がおられ、年齢層も幅広いです。それぞれの患者さんに対応できるよう、より多くの知識や経験を重ねるために、リハビリに関係ある情報を収集したり、県内外の研修会に出かけるようにして、スキルアップを図っています。
石田
1日に15人程の患者さんのリハビリを行っています。1日1回のリハビリが基本ですが、患者さんの体の負担を考えながら調整しています。さまざまな疾患をもつ患者さんがいるので、先輩から直接教えていただくこともあれば、週に1回は班で集まり勉強会を開いているので、そこで知識を伝達したり、実際に患者さんを看ながら指導していただくこともあります。またリハビリは動作だけではなく、痛みをとったり、胸の動きをサポートすることで呼吸の手助けをすることもあります。
 
― 理学療法士を目指す人へ
仲田
疾患の幅が広く、かつ急性期の患者さんが多いので、それに対応する知識やリスクを回避する対処方を勉強してほしいです。私たちも、日々勉強しています。