• レジデント
  • 看護師
  • コメディカル
  • 海外研修記
  • 今年のとりだい
  • ワークライフバランス支援センター

診療放射線技師

最新機器で、より高度な医療を。

  • 原文子

    山根 武史
    放射線部技師長

    笑顔と向上心溢れる若きテクノロジスト集団を目指しています。
    近年、放射線診療は著しい進歩を遂げています。本院は、高度で最新の放射線機器を全て揃えています。その機器を用いて、体の中の形態画像や機能画像を「知識と技術」を駆使して作り出す、また、 IMRTやIGRTなどの高度な放射線治療を行っています。放射線部は、技師の平均年齢が非常に若いチームで、各人が診療に研究に活き活きと活躍しています。

基本方針

私たちは最高品質の診断情報と放射線治療を提供し、地域の人々と健康の喜びを共有します。

  1. 高度な診断画像と機能情報の提供を行い、国民の健康増進に貢献する
  2. 高い精度の放射線治療を提供し、地域の人々の期待に応える
  3. 検査および治療技術の研究を推進し、医寮技術の向上に貢献する

高度な医療と特徴的な医療

  • X線検査部門
    全てディジタルによる撮影とTV透視、トモシンセシス技術の採用。
  • CT検査部門
    全身の検査はもとより、頭頸部血管や心臓など最新の診断情報の提供。
  • MRI検査部門
    超伝導高磁場MRI装置によるあらゆる部位の診断情報の提供。
  • RI検査部門
    放射性同位元素を用いた形態的および機能的検査と治療。
  • 血管検査部門
    血管造影撮影装置を用いて先端画像の提供と低侵襲治療。
  • 放射線治療部門
    通常の外照射以外にIMRTや定位治療さらにはIGRTの提供。

施設・設備

  • 一般撮影・X線TV装置
    全てがフラットパネルディテクター(FPD)化
  • X線CT装置
    全てが64列のMDCTでデュアルエナジー撮影可能機が1台
  • MRI検査装置
    3年以内に導入した最新の3T(テスラ)が2台と1.5Tが1台
  • 血管造影撮影装置
    MDCTと融合させた装置など4台あり、さらに手術部内のハイブリット手術室に専用装置1台
  • マンモグラフィ
    最新の専用装置を備え、すべて女性技師が担当
  • 核医学検査装置
    PET-CT装置が1台とSPECT-CT装置2台と頭部SPECT装置1台
  • 放射線治療室
    最新のライナック2台、RALS1台、前立腺がん治療(シード)

高度な医療又は特徴的な医療

  • X線検査部門
    全てディジタルによる撮影とTV透視、トモシンセシス技術の採用。
  • CT検査部門
    全身の検査はもとより、頭頚部血管や心臓など最新の診断情報の提供。
  • MRI検査部門
    超伝導高磁場MRI装置によるあらゆる部位の診断情報の提供。
  • RI検査部門
    放射性同位元素を用いた形態的および機能的検査と治療。
  • 血管検査部門
    血管造影撮影装置を用いて先端画像の提供と低侵襲治療。
  • 放射線治療部門
    通常の外照射以外にIMRTや定位治療さらにはIGRTの提供。

附属病院HP内の部門ページへ

施設・設備

  • 一般撮影・X線TV装置

ワイヤレス型フラットパネルディテクター(FPD)搭載の最新式X線撮影装置を含め、各撮影室とTV室にFPD搭載の装置を備えています。

  • X線CT装置

64列MDCTを1台、64列で128スライス撮影ができるMDCTを1台、64列デュアルエナジー撮影ができるMDCTを1台備えています。

  • MRI検査装置

最上グレードラージボアの3T(テスラ)を2台と高性能な1.5Tを1台のMRI検査装置を備えています。

  • 血管造影撮影装置

最新式動画対応FPD搭載バイプレーンシステム、FPD搭載回転DSA対応型バイプレーンシステム、大視野FPD搭載Cアーム型装置とMDCTを融合させたシステム手術対応型血管撮影システムの4台を備えています。さらに、手術部のハイブリッド手術室に新たに専用血管造影装置が導入されました。

  • マンモグラフィ

デジタルマンモグラフィに対応した最新乳房用X線撮影装置を備えています。

  • 核医学検査装置

PET-CT検査装置1台と全身用SPECT-CT装置2台、頭部専用SPECT装置1台を備えています。

  • 放射線治療室

新設した放射線治療棟に、ライナック2台、RALS1台、また、前立腺がん治療装置(シード)を備えています。

インタビュー

良い環境が仕事力を付ける!

放射線部 インタビュー


  • 先 輩
    奥田 恭平
  • 後 輩
    高橋 さやか
  • 後 輩
    御古 謙太
 
Q.仕事の内容は?
高橋
私はマンモグラフィも行っています。鳥大病院では私のような女性技師が検査しているので、それが良くて検査に来られる方も多いようです。
御古
CTやレントゲンなどの装置や機械と接することが多く、人と触れあう機会が少ない職場と思っていたのですが、外来や入院の患者さんに接する場面も多く、顔を覚えてもらえて嬉しいです。
 
Q.職場の雰囲気はどうですか?
高橋
私は中途採用だったのですが、前の職場と比べると環境がとても良く、設備も断然にイイです! 上司もやさしいですね。
奥田
確かに設備はとても良いと思います。毎年どこかの部署に新しい機器が入っています。私は5年目で今は核医学検査装置を担当しています。当直で一般撮影を久々に行うと、以前の機器と替わっているので使い方を後輩に教わっています。
御古
大阪の大学で学び、地元に帰り就職する条件として、山陰の中で一番新しい機械、そして最先端のものに触れたいと思っていました。そして研究も続けていきたいと思っているので、鳥大病院は全国レベルでも質の高い医療を提供し、研究もできるので恵まれていると思います。
 
― 放射線技師を目指す人へ
高橋
私自身が以前「技師に向いてないのでは?」と悩んだ時期がありました。しかし鳥大病院に来て、それは環境次第で乗り越えられると思いました。もし悩んでいる人がいても、諦めないで道を進んでほしいです。
奥田
実際、現場ではどんな仕事をしているのか分からないことが多いと思います。自分は入ってから多くのことを先輩から学びました。とりあえず、働いてみて自分に合ったものを見つけて頑張ってもらいたいと思います。