• レジデント
  • 看護師
  • コメディカル
  • 海外研修記
  • 今年のとりだい
  • ワークライフバランス支援センター

管理栄養士

退院しても役立つ食事のノウハウを。

  • 成瀬 隆弘

    成瀬 隆弘
    副栄養管理部長

    患者さんの笑顔を見るのが大好きなあなたに期待します。
    -食が健康の基本であることのメッセージを伝えたい-
    安心して治療に専念するための食事の提供を行い、退院された後も適切な食生活を身につけて頂き、治療に役立てるようサポートをしています。また、地域の皆さまの健康に役立てるよう栄養についての情報発信も行っています。

基本方針

  1. 安全で質の高い食の提供
  2. 患者サービスの推進
  3. 職場の活性化とチーム医療の推進
  4. 地域連携の強化
  5. 医療環境の整備
  6. 経営基盤の確立
  7. 医療資源の有効活用
  8. 人材育成とキャリアアップ

部門の特徴

  • 安全で美味しい食事の提供

    水のpHを利用した安全な殺菌水を使い衛生環境を整え、食事は生の素材をメインに、手作りを基本とした美味しい料理を提供しています。

  • 栄養食事指導

    継続指導を基本に、きちんと改善出来るまでフォローしています。集団指導は、糖尿病医療支援チームとして糖尿病教室を担当しています。

  • チーム医療
    (NST・褥瘡・糖尿病支援・緩和・心臓リハビリ・入退院支援)

    多くのチーム医療に参加し、栄養管理に貢献しています。

高度な医療又は特徴的な医療

  • 食事提供
    生の素材をメインに使用し、手作りを基本に美味しく作り、温冷配膳車により温度管理した食事を配食します。
  • 栄養食事指導(個人・集団)
    治療と共に食生活をサポートすることで、疾患の改善に繋げます。
  • チーム医療(NST・褥瘡・糖尿病支援チーム・緩和医療)
    チーム医療の中で、栄養管理に貢献しております。

附属病院HP内の部門ページへ

施設・設備

  • 栄養相談室・調理実習室

栄養指導や食事相談を行う専用室を複数設け、利用している。又、調理実習室も併設し教室等を行っている。

  • 微酸性電解水

ノロウイルス対策を主に、あらゆる食中毒菌等の殺菌消毒に利用し、調理機器、まな板、包丁、シンク、床全て殺菌している。

  • 調乳室

無菌ルームを調理室内に設置し、乳幼児のミルクを調整している。

  • 真空調理器

加熱した食品を一気に冷やす調理機器

  • ラウンドベア

観覧車のような庫内で、大容量に収納出来る食器乾燥保管庫

  • 生ごみ処理機

バイオ製剤の働きにより生ごみを廃液として分解処理し、概ね24時間で水に変え、1日500kgの生ごみを処理出来る。

  • 災害時設備

災害時等の対策として非常食を常備した専用室を設けている。

インタビュー

患者さんに関わり知識を深める。

栄養管理部 インタビュー

  • 後 輩
    亀川 祥子
  • 先 輩
    藤岡 怜子
 
Q.仕事の内容は?
亀川
業務は大きく分けて、給食サービスと栄養管理の2つがあります。給食は主に献立作成をさせてもらっています。栄養管理は入院患者さん、外来患者さんへの栄養指導の他に、入院患者さんに対しては、病棟に上がって直接患者さんに入院中の食事の説明を行っています。食事が食べにくい方に対しては、どういう食事を出したら食べやすくなるか、看護師さんや主治医の先生から情報をいただいたり、直接患者さんと相談したりして、細かく対応させていただいています。食べられなかった患者さんが食べられるようになったり、下膳のときに「おいしかったです」「食べられました」とメモを置いてくださる患者さんもいて、そういうのを見たときはとても嬉しく、やりがいを感じます。
 
Q.職場の環境はどうですか?
亀川
鳥大の栄養管理部は20代〜50代まで9人いるので、各年代を経たさまざまなキャリアを積んだ先輩たちから色々な意見を聞くことができます。悩んだときとか相談すると親身になってアドバイスをいただけるので、すごくいい環境で働けているなと思います。
藤岡
大学病院なのでさまざまな病態の患者さんがおられるので、患者さんと関わるごとに勉強をしていき、知識を広げていくという環境があります。資格取得や研修参加へのサポート体制もしっかりしていて、経済面も含め全面的なバックアップを得られます。これはやはり大学病院だからできることなんだと思います。私も鳥大に入ってから糖尿病療養指導士の資格を取得しました。
 
― 後輩へのメッセージ
藤岡
知識はあとからついてくるので、意欲があれば学べる環境が整っています。大学病院というとハードルが高そうというイメージがあるかもしれませんが、実際の現場は気軽に相談できる先輩たちもいるし、制度面、精神面含めて周りもしっかりサポートしてくれるので、そんなに気構えなくても大丈夫ですよ。