• レジデント
  • 看護師
  • コメディカル
  • 海外研修記
  • 今年のとりだい
  • ワークライフバランス支援センター

管理栄養士

退院しても役立つ食事のノウハウを。

  • 牧山 嘉見
    副栄養管理部長

    食を通して医療貢献できるよう業務に取り組んでいます。
    近年、栄養管理が単なる栄養素の充足になって来ているのではないかと心配になります。
    献立作成、食材検品、大量調理できる管理栄養士・栄養士が少なくなっている気がします。調理学、食品学、調理科学、給食経営管理学を踏まえた上での臨床栄養知識に基づき、管理栄養士として患者さんの為に何が出来るか一緒に考えていきましょう。

基本方針

  1. 入院から退院までの栄養管理
  2. 安全で美味しい食事の提供
  3. 患者サービスの推進
  4. チーム医療の推進
  5. 食事療養のための個別栄養食事指導
  6. 地域連携の強化
  7. 人材育成とキャリアアップ

業務内容

1.給食管理業務

当院の給食業務は委託していますが、献立は病院管理栄養士が作成しています。季節感がある旬のもの、山陰地方の食材、行事食の献立などを取り入れ、入院中でもご家庭と同じように食事を食べていただけるように心掛けています。
治療等で食事が進まない患者さんには、医師や看護師と連携して食事内容の検討を行い、少しでも食べていただけるように工夫を行っています。

2.栄養管理業務

(1)栄養食事指導

医師の指示により外来・入院時に栄養指導を行っています。患者さんの生活に合わせて食事療法が行えるようにフードモデル等を用いて分かりやすい説明を行い、患者さんが実行出来る目標設定を行うように心掛けています。

(2)チーム医療

近年、栄養管理に重要性が求められており、当院でも栄養サポートチーム(NST)、糖尿病支援チーム、心臓リハビリテーション、緩和医療チーム、褥瘡チームに管理栄養士が参加しています。医師、歯科医師、看護師、薬剤師、理学療法士、言語聴覚士、臨床検査技師、歯科衛生士などと連携し、患者さん一人一人の栄養状態を確認し、適切な栄養管理を検討し、栄養状態の改善出来るように努めています。

施設・設備

  • 栄養相談室・調理実習室

栄養食事指導を行う専用室を設け利用しています。

  • 微酸性電解水

ノロウイルス対策を主として食中毒などの衛生管理に利用し、食品洗浄、調理機器、まな板、包丁、シンク、施設清掃にも利用しています。

  • 調乳室

無菌室に準じた設備を調理室内に設置し、乳幼児のミルクを調整しています。

  • 真空調理器

食中毒予防のため加熱した食品を急速に冷却する調理機器です。

  • スチームコンベクションオーブン

温度と湿度の調整で焼き物、蒸し物以外にも煮物や炒め物、揚げ物風料理も調理できます。

  • ラウンドベア

大容量の回転立体型食器乾燥保管庫です。

  • 生ごみ処理機

バイオ製剤の働きで生ゴミを排液として分解処理します。概ね24時間で1日に出る給食生ゴミを廃水できる基準に処理しています。

  • 非常食

災害時対策として非常食と飲料水を3日分常備しています。