遺伝カウンセリングと遺伝子検査(診断)

遺伝カウンセリングと遺伝子検査(診断)により遺伝病の悩みに対応

 遺伝子が深く関係する遺伝病は7,000種類以上あり、2,000種類以上の病気の原因が明らかにされています。遺伝病は、生まれた時から症状があらわれる病気だけではなく、大人になって症状が出る病気も多く、がんの一部も関係します。そのために、小児科だけではなく内科、外科、耳鼻科、眼科などすべての診療科が関係をもってきます。

 遺伝病の患者さんは、すでに専門の診療科で受診されていると思います。しかし、患者さんだけではなく家族の方が病気に関係する遺伝子を持っている場合があり、お子様や家族の方々の将来に対して悩みがでてくることがあります。

 そこで、遺伝病の遺伝子検査や家族の方々の悩みに対応するために遺伝子診療科ができました。
 遺伝子診療科は、家族の方々などに遺伝カウンセリングを行い、必要に応じて遺伝子診断を行います。遺伝カウンセリングを通して、遺伝病の家族の方々のご心配やご不安、ご家族の問題などを一緒に考え、より良い人生を歩むためのお手伝いをさせていただきます。

遺伝子診療科

 

遺伝子診療科の診療体制

遺伝子診療科の診療体制

 

チーム医療による遺伝カウンセリング

 当院では、心のケアにも配慮し、臨床遺伝専門医、認定遺伝カウンセラー、臨床心理士のチームで、遺伝カウンセリングを行います。
 遺伝カウンセリングは、遺伝と病気の関係、遺伝病の説明など、必要な情報を丁寧に説明し十分に理解していただくためのものです。その上で遺伝子検査を行うかどうかなど、自らの意思で選んでいただけるようにします。

遺伝子検査への対応

 保険医療で対応できる遺伝子検査はごく少数です。当科では全国に先駆け、先進医療として「筋強直性ジストロフィー症の遺伝子診断」を行なってきました。

 今後、各科で必要とされる遺伝子検査に、できるだけ対応できるように遺伝子検査を充実させています。また、まだ病気でない方々の診断(発症前診断)やおなかの赤ちゃんの診断(出生前診断)にも対応します。

 

遺伝カウンセリングの主な対象

  • 家族や血縁の方に、遺伝する病気だと言われた人がいるので心配している
  • 子どもさんが先天性や遺伝性の病気だと言われ、次の子のことが心配
  • 先天異常、染色体異常、遺伝する病気などと診断されたが、より詳しい診断や説明をしてほしい
  • 乳がん、卵巣がん、大腸がんなど、家族性腫瘍の可能性があると診断され、遺伝子検査を考えている
  • 高齢で妊娠され、お腹の中の子どもの染色体異常が心配
  • 結婚相手がいとこのため、遺伝の病気が心配

※かかりつけの病院がある場合には、まず主治医の先生とご相談の上、ご連絡ください。
※親子鑑定など医療と関係のない遺伝カウンセリングは行いません。
※遺伝病でも遺伝子診断ができない場合もあります。

費用について

遺伝カウンセリングは、自由診療となっております。

遺伝子診断

別途費用(自費)がかかります。費用は内容によって異なり、一部保険診療可能なものもあります。詳細は個別に相談していただくことになります。

よくいただくご質問~事前に必ずお読みください~

Q. 家系に遺伝の病気がありそうなのですが、遺伝子検査で分かりますか?
A. 専門の科で、十分な検討が行われていることが遺伝子検査に結びつくには必要です。病名がついていても遺伝子検査ができない場合もしばしばあります。個別に対応させていただいております。
Q. お腹の赤ちゃんの検査ができると聞きました。どんなことが分かりますか?
A. 特定の病気の危険性が通常よりかなり高いと判断される場合に限って、お腹の赤ちゃんの検査を考慮します。ご家族の方の遺伝子検査が行われ、遺伝子異常が明らかになっている必要があります。特定の病気かどうかだけを判断します。この検査には、十分な遺伝カウンセリングが必要です。
Q. 放射線の影響が心配です。遺伝子に傷が付いていないかどうか、検査できませんか?
A. 放射線による遺伝子への影響については、今のところ、検査で調べることはできません。

受診の予約

毎週火・水・木に遺伝カウンセリングを行なっていますが、内容によっては別の日に行う場合もあります。内容の確認や事前の情報をお伺いする必要があり、予約のみの診療となります。予約や問い合わせは下記の電話番号にお願いします。初回は、1時間程度の時間がかかります。

予約・問い合わせ TEL.0859-38-6692

受 付 時 間 月・水~金 9:00~16:00

診療に関する詳細は、遺伝子診療科のページをご覧ください。