命を守るヘリポート

平成26年度にヘリポート棟が完成、平成29年度にはドクターヘリ導入が計画されており、地域の救急医療の機能強化が期待されています。

救命救急センターでは、ヘリ導入に向けた態勢づくりとして、医師と共にドクヘリに乗り込む「フライトナース」の養成を進めています。また、ドクターヘリは、転院搬送など地域の病院が互いの機能を補う「病病連携」においても有効です。