活動報告

R2.6.16【Ⅰコース(2年次)】第4回集合研修のご報告

令和2年6月16日(火) アレスコ棟2階第1会議室にて

令和2年6月16日(火)Ⅰ在宅生活志向を持つ看護師育成コースの2年次の集合研修を開催しました。今回も鳥取大学以外の受講生は所属施設と遠隔講義システムで繋ぎ研修を行いました。

最初に真誠会医療福祉連携センター長の小山雅美氏をお招きして、介護保険制度のサービス体系・介護認定の流れ、要介護認定等の判断基準や、介護度に応じて利用できる福祉サービスについて講義いただきました。受講生からは、「介護保険で介護度で利用できる福祉サービスが講義を通して理解できた」、「患者、キーパーソンとなる方にどのような福祉サービスを利用すると安心して生活できるのかケアマネジメントのPDCAサイクルを利用して対応したい」などの声があり、新たな知識の習得となる機会になりました。

  Ⅰコース2年次研修風景     小山氏

   遠隔講義の様子♫                        講義中の小山氏

❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ ❁ 

 続いて、医療保険の仕組みをテーマで、鳥取大学医学部附属病院 医療福祉支援センターMSWの大塚智子氏に講義いただき、公的医療保険による医療給付の内容と自己負担額、医療費助成制度について学びました。受講生からは、「医療費についてが難しかった」、「自己負担額や払い戻し制度のところは、年齢や金額の状態によって制度内でも細かく変化があり難しかった」など少し難しかったとの声もありましたが、「限度額について説明する際に、今日の学びを生かせる」、「患者様から保険について相談を受けることがあり、今回の学びを役立てたい」と実践につながる感想も聞かれました。

大塚氏 ❀講義中の大塚氏❀

講師の小山様、大塚様、お忙しい業務の中でご講義いただき本当にありがとうございました。

受講生の皆さま、お疲れさまでした。>^_^< 梅雨も明けて暑い日が続きますがお体には気をつけてくださいませ。 

pagetop