活動報告

Ⅰ在宅生活志向をもつ看護師育成コース(2年目)第4回集合研修のご報告

令和元年6月20日(木)鳥取大学医学部記念講堂にて、Ⅰ在宅生活志向をもつ看護師育成コース(2年目)の受講生を対象に、第4回集合研修を行いました。

2年目を迎え、はじめての集合研修となりました。

13:00からは講師である、医療法人養和会シニアマンションこうやまち壱号館 総合管理者 石田良太氏をお迎えし、「退院後の生活を見据えた看護活動/在宅療養で必要な資源・介護保険の仕組み」というテーマで講義していただきました。

14:10からは当院の医療福祉支援センター MSW河村直美氏より「医療保険のしくみ」をテーマに講義をしていただきました。

医療保険と介護保険の違いや、事例を用いて講義を行っていただいたので難しい内容ではありましたが、とても理解しやすい講義となりました。

【受講生からの声】

●ヘルパーさんの仕事内容(基準)について詳しく知ることができた。

●制度についての話は普段聞きなれていないので少し難しかったが、医療・介護保険の内容について改めて学べた。

●患者さんのケアプランを考えるとき、必要な情報提供を十分していきたい。

●自分では知ることができない現場の内容を知れたので関心を持てた。

様子①

石田氏

石田講師

河村氏

河村講師

討議①

討議②

討議③

グループ討議の様子

発表①

発表②

発表③

各グループごとに今日学んだことについて必要なこと等の確認を行い発表しました

 

受講生の皆様お疲れ様でした。

次回課題は、HOCノートP.16~19になります。

提出期限は令和元年7月24日(水)までとなっておりますのでよろしくお願いいたします。

 

pagetop