活動報告

Ⅱ在宅医療・看護体験コース第2回集合研修のご報告

令和元年6月19日(水)13:00より倉吉未来中心にて

Ⅱ在宅医療・看護体験コースによる第2回集合研修を行いました。

講師に訪問看護リハビリステーションのじま 所長 小村裕美子様をお迎えし、

『地域を基盤にした看護実践』をテーマにご講義頂きました。

「地域を知って、患者を知る」という言葉が心に響いた受講生が多数おられました。

小村氏の講義の中で訪問バックの中身を拝見する機会があり、皆さんとても興味を持たれた様子でした!

その後、『地域を見据えた退院支援を進めるために今実践すること』について

グループ討議を行いました。

グループごとで積極的に意見を出し合い、各グループごとに発表を行いました。

互いに日頃の介入の様子を知ることができ学びにつながったようでした。

 小村氏①

小村講師

小村氏②

小村氏③

講義の様子

小村氏④

小村氏⑤

小村氏⑥

グループ討議の様子

小村氏⑦

小村氏⑧

小村⑨

各コースごとに発表

 

Ⅱコース受講生の皆様、お疲れ様でした。

いよいよ7月から実習が始まります!!

研修で学んだことを実習でも活かせるよう頑張ってください。

実習が近づきましたら、支援室まで実習ユニフォーム・備品を取りに来てください。

お手数ですがよろしくお願いいたします。

 

〒683-8504 

鳥取県米子市西町36-1

鳥取大学医学部附属病院 医療スタッフ研修センター 在宅医療推進支援室

電話 0859-38-6994  FAX 0859-38-6996  

mail:t-hoc@med.tottori-u.ac.jp

 

 

pagetop