活動報告

Ⅱ在宅医療・看護体験コース第3回集合研修(実習の振り返り)のご報告

9月28日(金)、Ⅱ在宅医療・看護体験コースの第3回集合研修を行いました。

今回は、7月~9月まで受講生の皆さんに訪問看護ステーションにて実習を行っていただき、実習先で学んだことや、今後の看護に実践したいことなどを発表していただきました。

アドバイザーとしてお迎えしましたのは、はまなす訪問看護ステーション管理者であります小林美江氏。

発表後、日頃から訪問看護の現場で働く小林氏から、情報収集の大切さや、在宅での視点・考え方について助言を頂きました。

最後に『病気だけでなく生活をみれる看護師』という言葉が受講生の皆さんの心に響いた様子でした。

集合研修 集合研修2

集合研修3 集合研修1

さて、次回の集合研修でⅡコースの研修は最後となります。ご参加くださいますようお願いいたします。

日程:平成30年10月12日(金)13:00~

場所:アレスコ棟6階 262講義室(前回研修場所の隣の講義室となります)

講師:日南病院 名誉院長 高見 徹 氏

※この講義はⅢコース講義となっておりますので、合同講義となります。

当日勤務等で欠席となる場合は、前日までに下記までご連絡くださいますようお願いいたします。

 

 

〒683-8504 

鳥取県米子市西町36-1

鳥取大学医学部附属病院 医療スタッフ研修センター 在宅医療推進支援室

電話 0859-38-6994  FAX 0859-38-6996  

mail:t-hoc@med.tottori-u.ac.jp

 

 

 

 

pagetop