活動報告

鳥取大学在宅医療合同シンポジウムを開催しました

 平成29年1月29日(日)、鳥取大学在宅医療合同シンポジウム「子どもから大人への在宅医療~ライフステージをみすえた支援~」を米子市福祉保健総合センター ふれあいの里で開催し、合計85名の方にご参加いただきました。

 特別講演「移行期医療の課題と今まさにすべきこと」では、国立成育医療研究センター病院 副病院長の横谷進氏をお招きし、「移行期(トランジション)」について現状と今後の課題、学会や厚生労働省の取り組み、医療機関の取り組みについてお話いただきました。障がいを持った子どもはいずれ成人になり、小児科のみで全ての治療を生涯にわたり行うことには限界があり、成人診療科へ無理なく移行することや、共同で診療してゆくことを早期から念頭に入れておくことの重要性を認識しました。

 また、シンポジウム「ライフステージをみすえた支援に向けて多職種で考える」では、島根県重症心身障がい児(者)を守る会 堀田優子氏、鳥取県立総合療育センター 看護師長 足立裕季子氏、鳥取県立皆生養護学校 教諭 勝田浩司氏、鳥取大学医学部附属病院 小児在宅支援センター 准教授 玉崎章子氏がそれぞれの立場から見た現状と課題を発表し、ディスカッションを行いました。

参加したT-HOC受講生からは「在宅医療やその支援、ライフステージによる変化等、多くのことを学ぶことが出来た。今後、大きい小さいにかかわらず障害をもつリスクがある児とその家族に対して、今回学んだ視点を意識して関わらせていただきたいと思った。」との感想がありました。

 今回のシンポジウムを機会に、移行期医療についての学びも深めていきたいと思います。

合同シンポ

国立成育医療研究センター病院 副病院長 横谷 進氏

 

合同シンポ2

シンポジウムの様子

 
◆「重症児の在宅支援を担う医師等養成」HPはこちら
pagetop