活動報告

T-HOC Ⅱコース第2回集合研修の報告

 Ⅱ在宅医療・看護体験コースの受講生を対象に、平成28年7月12日(火)鳥取大学医学部講義実習棟122講義室、アレスコ棟1階在宅看護実習室において、第2回集合研修を行いました。

 まず、122講義室において日野病院 看護局長 小村裕美子氏より、地域で「支え・寄り添う医療」における看護とは?というテーマで講義をしていただきました。

小村看護局長

【小村看護局長】

小村看護局長講義の様子

【講義の様子】

グループワーク(小村看護局長)

【グループワークの様子】

 

 その後、在宅看護実習室において、鳥取大学医学部 保健学科講師 仁科祐子、雑賀倫子の指導のもと、訪問看護ステーション実習を前に、利用者・家族を対象とした看護技術の確認を行う目的でロールプレイングを行いました。

仁科講師  雑賀講師 
 【仁科講師】 【雑賀講師】 

 

===========【ロールプレイングの様子】===========

ロールプレイ1  ロールプレイ2 
 ロールプレイ3  ロールプレイ4
 ロールプレイ5  
pagetop