活動報告

集合研修の報告

平成28年2月4日(木)「Ⅰ在宅生活志向をもつ看護師育成コース」の受講生を対象に第3回集合研修を開催しました。
全国新卒訪問看護師の会代表理事であり、訪問看護師として活躍されている小瀬文彰さん(ケアプロ株式会社)を講師にお迎えして、「在宅生活を見据えた退院支援」について事例を交えてご講演頂きました。
講義終了後は助言者として、同じく全国新卒訪問看護師の会より、新卒で訪問看護師になられた長山詩穂さん(ケアプロ株式会社)、松本美香さん(株式会社フローレンス訪問看護ステーションくれよん)、請川真子さん(公益社団法人三重県看護協会の訪問看護ステーションなでしこ亀山)と一緒に、「病棟で退院検討時にどのような行動をとるか」、「どの情報を集めるか」をテーマにグループ討議を行いました。

入院時から退院時までの経過の中で、変化していく患者さんの状態に応じて、自分たちの視点、支援も変わっていくこと、何を大切に支援していくといいかなど、助言を受けながら意見交換を行いました。
受講生は、自分と同年代の訪問看護師の講演ということ、また新卒で病棟でなく訪問看護師として働いていることもあり、グループ討議終了後、講義の感想、訪問看護師の仕事への質疑応答により、いい刺激になりました。

pagetop