コース紹介

Ⅰ在宅生活志向をもつ看護師育成コース 実践コース

 

令和元年度開講式

日時 講師 場所
5月17日(金)
10時

特別講演

訪問看護ステーションはまゆう 有田 恭子 氏

『鳥取県における訪問看護の現状』

米子文化ホール

第1回集合研修
「訪問看護制度、訪問看護師の役割・機能・特性」

日時 講師 場所
5月30日(木)
13時

鳥取県看護協会 訪問看護支援センター
所長 鈴木 妙 氏

【ねらい】訪問看護制度についての学びを深め、訪問看護の役割を知ることで、生活を中心とした看護の視点を明確にする。

※Ⅱコース、Ⅲコース合同

鳥取大学医学部
記念講堂

第2回集合研修
「患者中心の地域資源を用いた訪問看護の実際」

日時 講師 場所
6月28日(金)
13時~16時予定

智頭病院 智頭町保健医療福祉総合センター
看護部長 谷口 祐子 氏

【ねらい】在宅生活志向を強化するために、実際の地域にはどのような資源があり、どのように連携するか、モデル地区を想定した演習を行い理解する。

倉吉市未来中心
セミナー5

実習

期間 場所
6月~11月
訪問看護ステーション実習(5日間)
地域包括支援センター実習(1日)
訪問診療同行実習(1日)
各実習先

退院支援実習

実施期間 ねらい 内容
6月~11月  自部署の退院支援ナースと共に退院前カンファレンスに参加し、他の専門職の患者理解の視点を知り、患者の生活を理解する。自宅訪問を通じて、より実践的な退院支援の視点をもつ。

①(多職種を含めた)退院前カンファレンスに参加する

②退院後訪問を行う

第5回 T-HOCひのセミナー

日時 講師 場所

9月6日(金)~9月7日(土)
13時

(未定)法話(未定)

【ねらい】病院看護師が、山間地の環境の中で訪問看護実践者による講義を受け、地域の生活を支援する看護の視点を明確にできる。

日野町 文化ホール

宿泊研修:リバーサイドひの

 

 

第3回集合研修
「実習の振り返り・在宅生活志向の看護の実践に向けて」
 

日時 講師 場所
2月 日( )

ウィル訪問看護ステーション江戸川 所長 岩本 大希 氏

【ねらい】実習で学んだことを、他の実習先で学んだ受講生と情報交換をし、学びを深める。これまでの3年間のコースで学んだことを、今後の看護活動にどのように反映するか明確にする。

*学びのグループ共有「在宅生活成功へStep by Step」

鳥取大学医学部
アレスコ棟
医療スタッフ研修
センター講義室

修了式・第9回 T-HOC特別セミナー

日時 講師 場所
3月 日( )
(未定) 鳥取大学医学部
記念講堂

 

pagetop