咲かせよう笑顔の花を在宅に

Home Oriented Care 在宅生活志向(HOC)の理念のもとに

咲かせよう

笑顔の花を在宅に

事業概要

住み慣れた自宅で安心して暮らすことができる地域を
これからの日本の医療は訪問診療や訪問看護の方向へ大きく舵をきり、住み慣れた自宅で安心して暮らすことができる地域包括ケアシステムの設置やコミュニティ文化の再構築が急がれています。今後ますます、患者の退院後の生活をイメージしながら入院中からセルフケア支援ができる病院看護師、並びに在宅療養者の医療処置管理や薬剤管理などの高度な知識や技術を備えた訪問看護師が必要となっていきます。
そこで、鳥取大学医学部附属病院では、平成26年度末に在宅医療推進のための看護師育成支援事業を立ち上げ、平成27年5月には、在宅生活志向(Home Oriented Care: HOC)の育成を基本理念に据えた3つのコースからなる「在宅医療推進のための看護師育成プログラム」を開講しました。
pagetop