形成外科 概要

形成外科 概要

診療内容

形成外科とは

形成外科は、先天性および後天性の身体外表の形、色の変化、すなわち醜状を対象とし、これを外科手技により形態(美容)解剖学的に正常(美形)にすることを手段とし、その目的は個人を社会に適応させるものです。

  • 形成再建外科(先天的、後天的な形態変形に対する外科治療)
  • 微小血管外科(細い血管や神経を顕微鏡で繋ぐ手術)
  • 頭頸部再建外科(顔面の皮膚、骨、組織欠損の外科治療)
  • 頭蓋顎顔面外科(複雑な頭蓋骨、顔面骨の骨折)
  • 顔面神経外科(顔面神経麻痺の外科治療)
  • 乳房再建外科(乳癌や乳腺疾患に由来する乳房欠損、変形)
  • 熱傷外科
  • 血管異常に対する外科(血管腫、血管異常の外科治療)
  • 褥瘡予防治療対策(褥瘡の診断と予防治療)
  • 創傷外科(治りにくい傷の治療)
具体的な診療内容
  1. 熱傷
  2. 顔面骨骨折(陳旧性を含む)
  3. 顔面軟部組織損傷
  4. 手足の先天異常、手足の外傷
  5. 体表すべての先天異常
  6. 全身の良性腫瘍、母斑、血管腫、血管異常
  7. 頭頸部(鼻、口、喉)の悪性腫瘍とそれに関連する再建術
  8. 顔面、頭部皮膚の悪性腫瘍とそれに関連する再建術
  9. 乳房の悪性腫瘍とそれに関連する再建術
  10. 外陰、腹部などの悪性腫瘍とそれに関連する再建術
  11. 瘢痕、瘢痕拘縮、ケロイド
  12. 褥瘡
  13. 難治性潰瘍
  14. その他(骨髄炎、顔面神経麻痺、眼瞼下垂症、ペースメーカー合併症、さまざまな後遺症・合併症など)

専門分野と特徴的技術

  • 顕微鏡下微小血管吻合(マイクロサージャリー)
  • 自家組織による乳房再建
  • 陳旧性顔面神経麻痺の外科治療
  • 各種血管性病変の外科治療
  • 眼瞼下垂症手術
  • 褥瘡の外科治療・保存的治療
  • そのほか各種疾患に対する外科治療
顕微鏡下微小血管吻合(マイクロサージャリー)

顕微鏡下で直径数㎜の血管をつなぐ方法です。場合によっては、1㎜以下の血管をつなぐ場合があります。微小血管をつなぐ技術は、様々な場面に役立ちます。動脈吻合と静脈吻合に要する時間は、顕微鏡が入れば30分です。自動吻合器は時間短縮と精度向上に有用です。頭頸部や乳房などの再建だけではなく、顔面神経移植、肝移植にも用いられています。


動脈吻合:非常に細い糸でつなぎます。

マイクロ2

静脈吻合:自動血管吻合器でつなぐこともできます。

マイクロ

自家組織による乳房再建術

自家組織による乳房の再建術は保険適応です。
再建術は、腫瘍の摘出術と同時に開始することも、後から行うことも可能です。乳輪乳頭が欠損している場合、乳輪乳頭も再建する事ができます。
手術方法は、さまざまあり、状況によって選択します。手術を受ける場合、受けない場合でも、お気軽にご相談ください。
尚、治療をお受けになる場合は、当院または他院乳腺外科の紹介状が必要となります。

陳旧性顔面神経麻痺の外科治療

典型的な顔面神経麻痺の症状は、眉毛・下眼瞼が下がり、目を閉じる力が弱くなり、そのため目を閉じにくくなる、口角が下がる、といったものです。これらの症状は、日常生活にとても不便で、非常に憂鬱な気分になります。それぞれの症状にあわせて外科治療を行う事が出来ます。お気軽にご相談ください。

外来案内

新来、再来共に毎週火曜日(9:00~16:00)に行っております。

診療科の特色

特徴的技術

顕微鏡下微小血管吻合

顕微鏡下皮膚腫瘍摘出術

特徴的な医療機器等

  • 手術用顕微鏡
  • 赤外観察カメラシステム
  • 皮膚組織潅流圧測定器
  • 経皮的酸素分圧測定器
  • 微小血管自動吻合器

診療実績

当科の診療実績について更に詳しくご覧になりたい方はこちらへ

医師紹介

講師 八木 俊路朗

助教 陶山 淑子

医員 福岡 晃平

秘書 原 美穂

 

詳しくはこちらへ

ページトップへ