関節障害に対する低侵襲手術

長年,肩の激痛に悩まれている患者さんが多くおられます.近年はMRIなどの発達により,病気の原因がわかるようになりました.当科では,腱板損傷など五十肩の原因となる疾患に対して,関節鏡を用いた治療を行っています.反復性肩関節脱臼などの障害も関節鏡を用いた治療を行い, 早期退院・早期社会復帰が可能となっています.関節鏡を用いた治療は,手・肘・股関節・膝関節・足関節などほとんどの関節で行われています.