放射線治療科

放射線治療科
  •  0859-38-6180
  •  0859-38-6186

診療内容

診療の概要

Entrance 放射線治療は手術、化学療法と共に悪性腫瘍に対する治療の3本柱の一つとして重要な役割を果たしています。放射線治療科では高精度放射線治療が可能な高エネルギーX線放射線治療装置(リニアック)2台を中心にイリジウム線源腔内照射システム(ラルス)、前立腺小線源治療システム(シード治療)などの設備を備え、全身の悪性腫瘍に対して放射線治療を行っています。放射線治療は切らない治療ですので、機能や形態の温存が期待できます。また身体への負担が少ないため、合併症や高齢で手術や化学療法療法が難しい患者様にも治療を行なうことが可能です。
スタッフ一同、質の高い放射線治療を患者様に安心して受けていただけるよう常に心がけています。放射線治療専門医が院内外の診療各科と連携し、患者様の病状にあった最適な治療を実施します。また、がん治療に関するセカンドオピニオンにも対応いたします。

3次元放射線治療

悪性腫瘍の大部分は、身体の外から放射線を照射して治療します(体外照射)。さまざまな方向から腫瘍の広がりにあった形状の放射線を照射する方法が3次元放射線治療です。3次元放射線治療を用いることで、放射線を腫瘍に集中させて治療の効果を上げ、一方では副作用を少なくすることができます。

また放射線を照射する位置の精度を上げるために、画像誘導放射線治療(IGRT: Image-Guided Radiotherapy)を行なっています。放射線治療装置に連動したX線撮影装置やCT撮影装置を使い、位置の"ずれ"を補正することで、身体の中の病巣に対して極めて正確に放射線を照射することが可能になっています。その他、肺癌のように呼吸で移動する腫瘍の場合には、呼吸の状態を含めた4次元CTで腫瘍の移動範囲を評価し、さらに治療前に呼吸訓練を行うことで、呼吸による位置の"ずれ"を小さくする工夫をしています。

特徴的治療技術

強度変調放射線治療(IMRT:Intensity Modulated Radiotherapy)

定位放射線治療

腔内照射(ラルス)

前立腺小線源治療システム(シード治療)

アイソトープ治療

 

特徴的な医療機器等

  • 高精度X線治療装置(リニアック)2台
  • イリジウム線源腔内照射システム(ラルス)
  • 前立腺小線源治療システム
  • 治療計画用CT装置
  • 治療計画用X線撮影装置

外来案内

予約や紹介状無しで来院された場合、後日診察となる場合がございます。
緊急受診が必要な場合は、電話もしくはFAXでご一報いただけますと幸いです。
※土曜日・日曜日と祝日は休診です。

患者の皆様へのお願い

当院は、重症あるいは専門診療を必要とする患者さんを優先して診療することが求められている医療機関です。
当院受診を希望されます際には、かかりつけの医療機関からの診療情報をお持ちになって
受診されることをお勧めいたします。 診療情報をお持ちにならない状態で受診されますと新たに情報収集のための時間や検査が必要となり、また他の緊急を要する患者様の診療に支障を来す可能性がありますので、追加初診料が必要となりますことをご了解ください。
また、予約患者、緊急を要する方を優先しますので、相当の待ち時間が生じることもご了解ください。

セカンドオピニオンをご希望のかたは、当院セカンドオピニオン外来のページから予約申し込みをお願いします。

セカンドオピニオン外来

医療関係者の皆様へのお願い

当院への受診を患者様に勧める場合、医療福祉支援センターのFAX予約サービスのご利用をお願い申し上げます。
緊急を要する場合や予約サービスを利用できない場合には、お電話でご一報ください。

放射線治療医を目指す方へ(後期研修医・医師募集中)

鳥取大学放射線治療科では、放射線治療に興味のある後期研修医・スタッフを広く募集中です。

がん治療の一翼を担う放射線治療は、今後増々発展し、重要性が高まります。高精度治療・小線源治療・アイソトープ治療などさまざまな領域を、経験豊富な放射線治療専門医のマンツーマンの指導のもとで研修可能です。是非、放射線治療の奥深さ、やりがいを実感してください。

お問合せ

 

医師紹介

 

 

放射線治療科長 教授 内田 伸恵

助教 谷野 朋彦

医師 夕永 裕士

医師 加藤 亜結美

医師 椋田 奈保子

医師 坂口 弘美

医師 村上 敦史

医師 北川 寛

医師 落合 涼也

医師 津田 正喜

詳しくはこちらへ